2009年12月12日

ホーリン・イン・サイライ

「QPBGM」のサイトを作ってから何年になったろう。比較的初期からあったページの1つが、演奏曲目のLISTの最終回のページなのだが、全ての曲目の録音があるわけではない。

最後の曲目の紹介で、
ラスト・ワルツ、
セプテンバー・ソング、
ホーリン・イン・サイライ、
また逢う日まで
・・・・
と、何度聞いてもそう聞こえる。

「ホーリン・イン・サイライ」は
fallin' in ....? 英語ではなさそうだし、日本語だとしたら何の聞き間違えかと、何回その部分を聞き直したことだろう。


そして、今朝何となく曲目の紹介を聞き直してみたら、「サイライ」の部分で「再来」という漢字を思い浮かべた。
ヨーロッパ系の言葉でも日本語でもなく、中国語だったのだ。

で、「再来」は分かったが「ホーリン・イン」はどういう漢字か・・・。

だが、最終回で使われるだけの有名な曲で、日本語のサイトで「再来」ならば出てくる中国語は限られていた。すぐに
「何日君再来」(ホーリー・ツィン・ツァイライ)が候補に上げられた。
ただ「君」を「イン」と読むことがあるのか疑問だったが、曲目紹介を何度聞き直しても「イン」と聞こえる。各サイトでは、
「ツィン」「ジュン」「チュン」などとカタカナ表記してあるが、「イン」がない。しかし、「イツノヒカキミカエル」「いつの日君来るや」の意味からQPBGMの最終回の曲として考えると、これで間違いないと判断をした。

古〜い歌だけれども、いろいろとエピソードを持ちながら歌われている曲だと分かった。

渡辺はま子


石川さゆり

<画像はおふざけ>

Zhou Xuan 周璇(←2文字目はこのブログで表示不可)


ケ麗君 (テレサ・テン)


李香蘭(山口淑子)


天海祐希


歌詞については
こちらで読める。


別館:On Teresa Teng
テレサ・テンについて、動画を使ってまとめています。更新中です。





posted by kewpie at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 見つけた1曲
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34170092
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。