2007年03月29日

二つの愛 J'ai Deux Amours

今までで一番探すのに苦労したが、探し当てた曲。

昨日探して見つからず、2日目にしてようやく発見。3時間くらいかかったろか。

Josephine Baker(ジョセフィン・ベーカー)

ジョセフィン・ベーカーの「二つの愛」


---------------------
Josephine Baker

(Born June 3, 1906, St. Louis, Mo., U.S.—Died April 12, 1975, Paris, France)

Dancer and singer who symbolized the beauty and vitality of black American culture, which took Paris by storm in the 1920s.

Baker grew up fatherless and in poverty. Between the ages of 8 and 10 she was out of school, helping to support her family. As a child Baker developed a taste for the flamboyant that was later to make her famous. As an adolescent she became a dancer, touring at 16 with a dance troupe from Philadelphia. In 1923 she joined the chorus in a road company performing the musical comedy Shuffle Along and then moved to New York City, where she advanced steadily through the show Chocolate Dandies on Broadway and the floor show of the Plantation Club.

In 1925 she went to Paris to dance at the Théâtre des Champs-Élysées in La Revue nègre and introduced her danse sauvage to France. She went on to become one of the most popular music-hall entertainers in France and achieved star billing at the Folies-Bergère, where she created a sensation by dancing seminude in a G-string ornamented with bananas. She became a French citizen in 1937. She sang professionally for the first time in 1930, made her screen debut as a singer four years later, and made several more films before World War II curtailed her career.

During the German occupation of France, Baker worked with the Red Cross and the Résistance, and as a member of the Free French forces she entertained troops in Africa and the Middle East. She was later awarded the Croix de Guerre and the Legion of Honour with the rosette of the Résistance. After the war much of her energy was devoted to Les Milandes, her estate in southwestern France, from which she began in 1950 to adopt babies of all nationalities in the cause of what she defined as “an experiment in brotherhood” and her “rainbow tribe.” She retired from the stage in 1956, but to maintain Les Milandes she was later obliged to return, starring in Paris in 1959. She traveled several times to the United States during the 1960s to participate in civil rights demonstrations. In 1968 her estate was sold to satisfy accumulated debt. She continued to perform occasionally until her death in 1975, during the celebration of the 50th anniversary of her Paris debut.

Copyright © 2002 Encyclopedia Britannica, Inc.
------------------------

Daniel Vidal(ダニエル・ビダル)
ダニエル・ビダルの「二つの愛」

ダニエル・ビダル(Danièle Vidal)(1952年6月23日〜 )はフランスの女性歌手。1970年代前半に日本で活躍した事で知られる。

---------------------------
当時フランス領であった北アフリカのモロッコ生まれ。1969年、17歳で歌手デビューし、「Aime ceux qui t'aiment(汝を愛する者たちを愛せ、という意味)」というレコードを出した。これはカバーであったうえ、フランスでは発売されず、「天使のらくがき」という全く別の邦題を付けられて日本で発売され、又、日本語の歌詞を付けた盤も出されるなど、彼女の活動の舞台は日本に置かれた。そのため1970年初頭以来しばしば来日し、長期滞在している。当初は歌唱力にやや難があったが、金髪碧眼で、日本人女性より小柄な事から、フランス人形のように愛らしいと形容され、大きな人気を得た。日本語の歌のレコードを出すだけでなく、テレビのバラエティ番組にもしばしば出演し、日本のアイドルタレントの観を呈した。本人も親日家である事を公言していた。

1980年に日本人男性と結婚し、男児をもうけたが、後に離婚、現在はフランスに在住し、シャンソン歌手として活動している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
-----------------

こんな文章もある。
--------------
彼女の一家の生活は日本に出稼ぎに来ていた彼女の肩に全てかかっていた。送金をせがんで来る父親と電話で激しくやり取りをしていたものだ。マネージャーともよくぶつかっていた。怒るとフランス語でまくしたてる。
しかしスケジュールに関しては文句を言ったことがない。どんな過密スケジュールにも愚痴一つ言わず、小さな体から想像出来ないパワーを出して逞しく頑張っていた。
フランスで下積み生活が長く苦労し、やっと日本でつかんだチャンスを失いたくなかったのだろう。
http://www.speakeasy-web.com/danieru.htm
--------------------

ダニエル・ビダルの曲目についていろいろと書かれているブログ
posted by kewpie at 00:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 曲データ探し
この記事へのコメント
「天使のらくがき」はフランスでもちゃんと発売されましたよ!
いいかげんなこと書かないでください!
他にもいろいろ発売されています!
Posted by ねずみ後輩 at 2008年08月02日 08:05
「天使のらくがき」についてのコメントをありがとうございます。文末に示しているようにWikipediaからの引用です。今見たら、同じ文が載っていました。
ぜひ訂正を申請していただけるといいと思います。
Posted by kewpie at 2008年08月04日 18:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3614988
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。