2010年07月03日

TMPGEnc DVD AuthorでYouTubeの字幕ファイル

YouTube用のキャプションファイルで、2つのフォーマットがあることを述べましたが、どちらのタイプを作るにせよ、それなりの手間はかかります。
 私の場合は、TMPGEnc DVD Author3で、字幕のタイミングを合わせながら、文字を入力し、TMPGEnc DVD Author3用の*.subtitleという専用のファイルをエクスポートします。
 そして、そのファイルをテキストエディターで開き、不要な部分をカットして、YouTube用の字幕ファイルとして保存していたのですが、もっと簡単にできることを発見しました。


*.subtitleのフォーマットは
ヘッダに続いて、
[ItemData]
1,1,"00:00:10,250","00:00:13,400",0,"SO I'M LOVING YOU \nSO I'M LOVING YOU"
2,1,"00:00:13,400","00:00:16,890",0,"僕が望む duty duty duty du"
という形式で保存されています。

今まではそれを、
1
00:00:17,930 --> 00:00:20,970
あなたの微笑の陰が

または、

0:00:13.320,0:00:21.600
There was a time when I was in a hurry as you are.

というフォーマットに書き換えていました。

 しかし、TMPGEnc DVD Author3の字幕ファイルのエクスポートの時に、*.subtitleという指定をはずして、*.*で保存用のフォルダーを開き、適当な名前を付けて保存すると、実際に保存されるファイル名は、例えば
YouTube韓making.srt
というような拡張子が.srtというファイルになり、中身も
1
00:00:17,250 --> 00:00:20,400
SO I'M LOVING YOU
SO I'M LOVING YOU

2
00:00:20,400 --> 00:00:23,890
내가 원하는 듀리듀리듀리듀

という感じになります。
 従って、何の加工もせずに直接YouTubeにアップロードして[CC]ファイルとして使えるのです。偶然の発見でした。(よくマニュアルを読めば書いてあったのかも知れません。)

 今回は試しにハングルも[CC]の選択肢として加えてみましたが、うまく読み込み・表示が出来ました。



 ところで、同じ曲のカラオケ用字幕付きというので面白いのを見つけました。



 文字表示が、遊び心のあるだけでなく、実際に歌いやすいのではないかと思いました。



posted by kewpie at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ファイル作成
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39423128
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。