2010年07月17日

ポール・モーリアとダニエル・リカーリ

シングル盤のジャケット(というか紙切れ一枚)
ポール・モーリアとダニエル・リカーリは、特に関係ないと思っていたが、ありました。

ポール・モーリアの演奏の中でも特に好きなのは、「エーゲ海の真珠 PENELOPE」です。シングル盤も買いました。(左の写真)

高校の美術の時に(いや、中学校だったかな)レコードのジャケットをデザインしてみよ、という課題が与えられ、このPENELOPEを題材にしたことを覚えています。でもシングル盤の真似なんかしませんでした。あまり、出来のいいデザインじゃあないと思っていましたから。

「エーゲ海の真珠」は、曲や演奏の素晴らしさだけでなく、林美雄のパック・イン・ミュージックのテーマ曲としての印象が強いからかも知れない。逆に、曲や演奏がいいから、余計に林美雄のパックが好きになったのかも。

いずれにせよ、あのパック2部が終わる夜明け前、「エーゲ海の真珠」が流れてくると、何とももの悲しい、でも「元気を出して頑張るか」みたいな気持ちになりました。今聞いても、全く同じ気分になります。



そして、演奏で特徴的なのは、途中の1:35辺りから女声の「ララララ〜」という声が入ることで、これが素晴らしいのですが、今日、偶然、この声がダニエル・リカーリだと知りました。そう言われてみれば、「二人の天使」の声と同じです。



 「エーゲ海の真珠」をバックに林美雄が語る録音がないかとYouTubeを探してみたが、見つからなかった。
 代わりに、金曜パックの終了時のBGMとして「夜明けのスキャット」がアップロードされていたのだが、そうだったかなぁ。



違っても構わないのでリンクしてみました。これも、名曲・名唱だと思いますし、スキャット1曲でレコードを売ってしまったというのがすごいと思います。
posted by kewpie at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39669154
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。