2011年06月19日

子どもの安全基準の数値撤回交渉

 社民党が間に入って行われた、子どもの安全基準(20μSv/h)の数値撤回交渉の様子です。

 最初と最後(会の終了後)に出てくるお母さんの切実な言葉が、心にぐさりと来ます。しかも、親子でこれまで自然を大切にする生き方をしてきた人のようです。
 文部科学省と原子力保安院のワカゾーのあまりの無知(その元と思われる無関心)・不勉強にあきれる以上に、そういう人間をここに代表として送り込む文科省と保安院の姿勢に憤りを感じます。





posted by kewpie at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 震災・原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46137627
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。