2011年08月07日

黒ネコのタンゴ/僕は黒猫がほしかった

 昨日の朝日新聞別刷りの「be on Saturday」の1面のタイトルが
天才少女の絶頂と転落「黒猫のタンゴ」
だった。
 えっ「少女」?と変に思ったのは私だけでなく、この記事の記者もイタリアでこの曲を聴いて、それが実はイタリアの曲だと初めて知って驚く。
 イタリア語では"Volevo un gatto nero(僕は黒猫がほしかった)"という曲名で、4歳の女の子が1969年3月にコンクールで3位を獲得し、レコード化されたとのこと。

 歌詞の内容は、
「黒ネコをくれるやくそくだったのに、君がくれたのは白ネコだった。僕は黒ネコ、黒ネコ、黒ネコがほしいんだ。君はウソつきだから、もう遊んでやらない。」(be on Saturdayより)

 興味のある方は、
http://ameblo.jp/maroa2/entry-10316046616.html
(イタリア語をあつかうブログ)
そして
http://www.operapec.sakura.ne.jp/operapec/stellata_nero.htm
(歌詞全部が掲載されている。開くと音がすぐに出ます。)
もどうぞ。

 歌詞を見ると、この動画のキリンやワニの意味が分かります。


posted by kewpie at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 見つけた1曲
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47222262
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。