2011年08月17日

「ガリバー旅行記」でtilt shift

Tilt shiftの静止画作成について以前、チルトシフトスタジオで書いたり、動画についてはUNIQLOのTILTSHIFT動画で書きましたが、たまたま見た「ガリバー旅行記」のDVDのオープニングに使われていました。



 さすがに商業映画ですので、単に町中の様子をtilt shiftで描いているだけではなく、映画のタイトルや出演者名を町中の大きな看板や立体物(何と表現していいやら)として登場させるところは、手間をかけていると感じさせます。今時ですから、みんなCGで埋め込むのでしょうか。でも、道路上の文字とか、公園のベンチの代わりに置かれた立体文字などは、実際にペイントしたり、発泡スチロールで文字を作っても出来そうです。(費用はかかりますが。)

gulliver_1.jpg


gulliver_2.jpg


gulliver_3.jpg


 でもセントラルパークの巨大な構造物などは作れませんから、基本はCGでしょうねぇ。(良く考えてみれば、映画全編がそういう作り方でした。)

 とにかく、私の知っている範囲ではTilt shiftの動画として初めて上手に使った第一号だと思います。こんなオープニングがまた別の映画でも使われそうですが、2番目は「まね」と取られそうです。
 それで思い出すのが、バドワイザーのCMの二番煎じではないかと言われた、九州新幹線のCMですが、単なる二番煎じ以上のものがあったというのが、私のとらえ方でした。
 同様に、「ガリバー旅行記」以上のtilt shiftの有効な使い方をしたものが現れることを楽しみにしていたいと思います。

 それにしてもこの「ガリバー旅行記」ですが、特に深みもなく、「一回見れば十分」というのが率直な感想でした。他のDVDを借りるついでだったとは言え、新作料金で借りて失敗でした。

おまけ:
きれいなtilt shiftの動画がありました。

posted by kewpie at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47398848
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。