2011年09月06日

バラエンティーヌとチルダ

 テレビだったか、YouTubeだかは忘れましたが、クレモンティーヌがスーダラ節を歌っているのを聞いて、調べてみると「バラエンティーヌ」というCDが出ていてそれに収録されていました。TSUTAYAで借りて聞いてみました。車で聞けるようにCD-Rにも入れました。今回は面倒くさくて、CD-TEXTにはしませんでした。


varientine_cd.gif


(↑手抜きのレーベル。ライナーノートの1ページをスキャンして、タイトルや曲目を加えただけ。) この手のものは、回を重ねるたびに無理が生じて面白くなくなるので、あまり期待はしていなかったのですが、「続・アニメンティーヌ」のときよりもむしろ違和感なく聞くことが出来ました。

 レーベルは上の通りですが、最初、ライナーノートの表紙を使おうと思ったものの、スキャンするのも面倒なので、インターネットで探しましたが、大きなサイズのものがありませんでした。やむなく自分でスキャン。



 ただ、当然のことながら印刷物なので、解像度を上げると粒々が見えてしまいます。

varientine_t.gif


 そこで一旦、全体をぼかし(ガウス)て、粒々感をなくした後に、シャープネスを加える、という処理をしてみました。これが何かの写真だとシャープネス処理をしても元の細かなものは復活しないのでしょうが、イラストですので、境界線さえくっきりすれば、元のイメージに近づくはず、と踏みました。興味のある方は上の画像をクリックしてみてください。縮小していない元のサイズ(1200×1191)の画像が開きます。まあまあでしょう?

 ただ・・・中央にクレモンティーヌのイラストがどかんとあるので、使いにくいと思い、結局この表紙の使用はあきらめて、最初のようなデザインにしました。


 ところで、上のレーベルの画像の曲目1曲目は、
「1.ドリフ・メドレー〜いい湯だな、隣組」
となっていますが、実は実際に印刷したものは、
「1.ドリフ・メドレー?いい湯だな、隣組」
となってしまいました。印刷してから気がついたのですが、その「?」の部分に「から」と入力・変換をして「〜」を入れるのですが、プレビュー画面になると「?」となってしまいます。
 これって、以前書いた「波ダッシュ」に関連しているのかなと思いました。私が使っているレーベル印刷ソフトは、「CDラベル王2003」という、もう10年近く使っているソフトで、unicordにも対応していないものなのです。理由はともかく、正確なデータを保存しておきたいので、どうしたら入れられるかと考えた末、キーボードのチルダ(~)を入力したら、素直に「〜」と全角にすることが出来ました。
 ちなみに、「CDラベル王2003」では「Clémentine」も印刷できなくて、「Clementine」となってしまいます。

 ないと思っていた「スーダラ節」の動画がありました。






posted by kewpie at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47774222
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。