2011年09月22日

「わくわく原子力ランド」

 ローカルに保存してあるPDFファイルを整理していて出てきたものの1つが、「わくわく原子力ランド」で
す。
 さすがに引っ込ませざるを得なくなったようですが、実際にこれで小学生に「原発がこれからのエネルギー源」と教えていた現場ではどうしたのでしょう。

p_1.jpg




 後藤健太の日記というブログの、
2010年04月14日に
わくわく原子力ランドを読み終えて。
というページで、その問題点を指摘なさっています。

 こちらのサイトには、「わくわく原子力ランド」ワークシート(PDFファイル)などが保存されています。

 「わくわく原子力ランド」(教師用)には、

◎これまでに起きた原子力施設の重大な事故は、人為的なミスが主な原因であった。
◎事故の教訓を生かし、安全対策の強化を図っている。
◎もしも事故が起きた場合は、国、自治体、事業者が連携し、周辺住民を守る。

などとも書かれていますが、見通しがあまりに甘かったわけです。

 あらためて考えてみると「わくわく原子力ランド」というタイトルからして、意図的です。子供たちが内容を学ぶ前に「わくわく」という先入観を持ってしまいます。

追記:
 考えてみたら、「わくわく動物ランド」というテレビ番組の真似をした書名ですね。情けない。
posted by kewpie at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 震災・原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48071525
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。