2011年10月09日

m2tsファイルとAVCHDディスク

 同僚から「友達にテレビ番組を録画したこのディスクを渡したら『見られない』と言われちゃったんですけど、見られるようにしてもらえますか」と1枚のDVD-Rディスクを渡されました。「地デジ用のCPRMって書いてあるディスクを使っているし、ファイナライズもしてあります」とのこと。

 要するに、CPRMに対応していないPCソフトで再生をしようとしたんじゃないの?と思ってとにかくそのディスクを預かりました。

 そして、そのディスクを開いてみて「?」。

m2ts.gif

(↑クリックすると拡大表示します。) てっきり、VRモードで録画をしてあるDVDだと思っていましたが、別物でした。
 その同僚はパソコンに明るいわけではなく(そもそも、だからこそ私に助けを求めたわけです。)、それほど凝ったことをしたとは考えられません。
 そうすると家電HDDレコーダーを使ったと考えられます。テレビの録画でもありますし。

 とにかく、動画ファイル自体がどうにか開ければ、後はDVD-VIDEOにすれば、依頼されたことは完了します。そこで、ファイルサイズから、00001.m2tsというファイルが動画だと判明。
 少し前に、この拡張子m2tsのことを別の同僚から「何ですか」って尋ねられて、明確な返答の出来なかったファイルです。職場のPCでは開くことも出来ませんでした。

 自宅のPCなら何とか開けるだろうと、色々なソフトを試しましたが、全滅。
 次は検索。「*.m2tsが開けない」という質問とその回答が結構見つかります。コーデックで対応できるようなので、その通りにしましたが駄目。


 M2TS converterという、そのものずばりのソフトを発見し、そいつで開こうとしましたが、駄目。
m2tsconverter.gif



 フォルダー構造を見ると、「BDAV」の文字が見えます。つまり、これってブルーレイ用のファイル群なのだろうと推測。ブルーレイのディスクにコピーしなかったから悪いんじゃないの?と思ったものの、同僚氏(女性)は「私んちだとちゃんと再生できるんですよ」と言っていたなぁ。

 今回は降参しようということに・・・ふと、偶然に気づいたことがありました。
 昨年の12月に購入をしたAnyDVD HDが、起動していない。こいつはちゃんと購入をしたものなのに、実は20日ほど前から、勝手に試用版になってしまって、「あと○○日で使えなくなる」みたいなメッセージを出し続けていたのです。煩わしいので、常駐しないようにしていたのです。
 まだ2カ月も使用する権利があるのに使えないのは悔しいです。購入後どうやってユーザーとして使えるようにしていたのか、忘れていましたが、こいつはシリアル番号を入れるのではないことが分かりました。そういえば、そうかも。
 ようやくメールで送られてきた、AnyDVDHD_Key_*.AnyDVDHDというファイルを開くことで正規ユーザに復活出来ました。(このファイルの実態は、レジストリーに書き込むべき情報が入っているテキストファイル)

 さて、AnyDVDHDを常駐させた上で、TMPGEnc Video Mastering Worksで開くと・・・開けました。
 ということで、依頼に応えることが出来ました。
 せっかくなので、他のソフトもテスト。
 PowerDVDでもWindowsMediaPlayerでも再生は出来るようになりましたが、なぜかM2TSconverterで開くことはできませんでした。

 今回振り回されたm2tsファイルについて調べると、AVCHDという規格による動画圧縮ファイルだと分かりました。つまり、DSC-HX5と同じです。
http://www.oji21.com/digital/menu02/avchd.html
によると、SONYとPanasonicが勝手に作った規格のようです。
 同僚氏のお友達が再生できなかったのは、AVCHDディスクに対応をしていないディスクを作っちゃったから、ということになります。

 今回のことで、地デジやBSの録画を外部に持ち出すには、
1 CPRM解除
の他に、
2 対応するHDDレコーダーで*.m2tsファイルを作り、AnyDVD HDを常駐させた状態で、読み取る
という方法が採れることがわかりました。

posted by kewpie at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ファイル作成
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48393568
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。