2011年10月21日

「川」の濁音(1)

 夕べのNHK教育(今は「Eテレ」か。「E電」みたいに、結局消えるのか、残るのか。)の「Rの法則」という番組で、「英語発音克服法!」という特集をやっていました。

dakuon.gif


 実際には録画したものを、2倍速で再生をして15分で見てこれはおしまい。
 ふと思い出したのは、ず〜っと前にイギリス人から「どうして「川」を「がわ」と読むのか」という質問をされたことでした。
 「川」は「かわ」と読むと教わった外国人は、「利根川」を「とねかわ」と発音して、きっと「この場合は、『とねがわ』と読むのです」と言われるでしょう。それは他の漢字にもあるし、表音文字だって複数の読み方があるので納得できるでしょうが、そのイギリス人が疑問に感じたのは、「川」を「かわ」よりも「がわ」と読むことの方が多い、圧倒的に多いからではないでしょうか。
 知っている河川の名前を思い出すと片っ端から「〜がわ」です。ようやく思いついたのは「荒川」=あらかわ、だけでした。

 長い間疑問に思いながら放置してきたこのことについて、調べてみました。インターネットで。
 見つかった中では1つだけ同じ疑問に思った人がよく調べているページがありました。すごい。

「川」はいつ濁る?苗字の後項「川」の連濁、前項が一音節の場合確実か

 濁らず「かわ」と発音する場合も結構たくさんあることが分かりました。
 引用させてもらうと、
------------ここから
27 石川 いしかわ
103 古川 ふるかわ
105 市川 いちかわ
110 吉川 よしかわ
114 西川 にしかわ
175 早川 はやかわ
258 前川 まえかわ
265 大川 おおかわ
278 及川 おいかわ
280 細川 ほそかわ
291 荒川 あらかわ
297 森川 もりかわ
324 黒川 くろかわ
328 山川 やまかわ
356 藤川 ふじかわ
387 平川 ひらかわ
437 堀川 ほりかわ
490 白川 しらかわ
540 松川 まつかわ
691 相川 あいかわ
712 下川 しもかわ
758 浅川 あさかわ
778 立川 たちかわ  
846 滝川 たきかわ
851 横川 よこかわ
967 今川 いまかわ
------------ここまで
(例外の実例も出ています。)

 こんなに沢山! 私は本当に流れるriverの名前としての「〜川」ばかり考えていたのですが、このサイトの主はむしろ人名(姓)の「川」について調べています。
 これらのように、漢字一文字+「川」という組み合わせのriverの名称の例は少ないと思うのです。
 riverの名称は、地名など+「川」で出来る場合が少なくないでしょうから、姓の場合と作られ方が違うのでしょうね。
 その結果、2つの語がくっついて出来る連濁が起こりにくいのではないかとふと思いましした。
 「荒川」は、「荒」という地名はあまり一般的ではなさそうなので、むしろ姓の仲間とも言えます。

 Wikipediaでは「連濁音」の項を設けており、興味深く読みました。(書かれていることが理解出来ない部分も・・・)
 それについての感想は後日書いてみたいと思います。


posted by kewpie at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 言語・文字
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49113954
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。