2011年10月21日

畳まれたドアミラーを開く

 YouTubeにはいろいろと面白い動画がありますが、バイクのライダーが通りがかりの車の畳まれたドアミラーを手で開くという場面の動画があります。


(余談ですが、YouTubeでサムネール画面の選択肢は3枚しかないのに、この動画ではよく絶妙のタイミングの1枚があったものです。)

 私はYahoo!JAPANのトップページでのリンクで知りましたが、同様のきっかけと思われる日本人の書き込みが最新のコメントとしてたくさんあります。
 実は昨日通勤の途中での信号待ち、すぐ前の紅葉マーク付きの車の右ドアミラーが畳まれていました。
 最初に思ったこと…危ない。車線変更や右折の時などは後方の確認はしないのだろうか。
 次に思ったこと…どうしてそんな状態で、平気で運転しているのだろう。
 その次に思ったこと…こんな車の事故に巻き込まれたくないな。文句を言ってやろうか。
 さらにその次に何か思う前に、車が動き出してしまいそれきりになりました。

 上の動画の場合、どこの国か知りませんが、左側通行です。ということは、1車線の道路でも左側をバイクや自転車が走るわけで、左折の時の巻き込み事故を起こす可能性が高いと思います。
 さらに上のバイクのように2車線の間をすり抜けるときには、ちょっと位置を変えらるだけでも後方を見ていてくれないと怖いと思います。そんなこともあって、ライダーは自身の安全や他のライダーの安全のために、そして今後の運転時の警告のためにぱかっと開いたのだと思うのです。私が同じ立場だったら同じ事をやっていたと思います。(バイクは怖くて、実際には乗れませんが。)

 コメントの中で「電動ミラーだったら壊れてしまうかも」という趣旨のものがありましたが、それは多分間違いです。例えば歩行者がぶつかったときにダメージが少なくなるように前後(後ろだけでなく、前にも!)動くようになっています。
 ちなみに私の身内(笑)で駐車のたびに電動ミラーをモーターで畳んでいた(つまり正常な扱い)のだが、モーターがとうとう壊れてしまったものがいます。それほどの耐久性がないということです。モーターを動かせば何度でも大丈夫ということではないのです。基本的にドアミラーは出しっぱなしがいいのだと思います。(狭い車庫に入れる人などは仕方ないかも知れません。)

 ついでに一言。
 もう一つ、前から思っている迷惑な運転の仕方があります。
 どちらかというと小さな交差点や、交差点とも言えないようなところでセンターラインによって右折のタイミングを待っている車が、斜めに止まっている場合です。しかも、先頭がこちらの対向車線にはみ出ている! 車線方向ならば車幅だけ占有するのですが、斜めにすると余分に道路幅を占有することになります。自動車学校(地域によっては「自動車教習所」の呼称ですね。)でも、センターラインに寄れと教えられると思いますが、「斜めに止まって待て」とは言われていないと思います。多分斜めに止まることでいざ動き出すときに円滑に曲がれるのだと思っているのでしょうが、それなら若干手前で止まって、いざ動き出すときにはちょっと早めにスタートをして助走(というほど大袈裟ではありませんが)をすれば、軽く曲がると思うのですけどね。
 こういう右折をするドライバーは、自分が人に迷惑をかけていることに気づかないのかも知れません。だれかが教えてくれないでしょうか。警察もスピード違反の取り締まりなどだけでなく、未然の事故防止のための(個々の警官の「点数稼ぎ」にはならない)指導をしてくれないでしょうかねぇ。

 さらに思い出したことは、前は暗くなってもヘッドライトを点灯しない車を結構見かけましたが、前よりも減ったような気がします。バッテリーや発電機の貧弱な車に乗っていた時代のドライバーが引退してきたからでしょうか。
 それでも、雨が降っているわけでもないのに夜間にヘッドライトの代わりにフォグランプだけを点灯していたり、バックフォグを点灯している車もあって、ちょっと迷惑だと思います。



posted by kewpie at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49163136
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。