2011年12月05日

歯ブラシ

 今までに、つまり生涯で・・・こういうと今死んでしまうみたいですが、そうではなくて、生まれてから現在までに・・・何本の歯ブラシを使ってきただろうか。
 長い間必ずしもしっくりと来るものには出会わなかったのですが、1・2年前から愛用しているものがあります。
 「Oracle」という商品名です。

oracle1.jpg


 以前の歯ブラシは、今になって考えると酷いものでした。
 ブラシの毛の並んでいる部分(植毛部とでもいいましょうか)が、口の中の、いや、歯の並びのあちこちをブラッシングするには大きすぎました。
 一般的には「大は小を兼ねる」ということで、大きければ「適当にごしごしやっていれば、どこかの毛先が歯をこすってくれるだろう」というイメージがありますが、ピンポイントである箇所を磨きたいときには小さい方が自由が効きます。
 ですから、20代のころから私は子供用のものを使うことが多かったのです。ただ、それだと柄が短くて持ちにくいという問題がありました。

 そしてようやく、○○代になった今、使いやすい、大人用の(笑)歯ブラシに出会えたというわけです。

 私は、歯も悪いのですが、歯茎もかなり弱っているので、単に「歯を磨く」だけではなくて、歯茎を、ブラッシングすることによってマッサージをする必要があります。
 それから歯と歯茎の間もですね。よく言われることですが、歯科で強く勧められました。

 ようやくたどり着いたのが、このOracleという歯ブラシです。
 植毛部が適度な大きさです。大きすぎない。毛の長さが2種類あって、普通の太さの他に、長めで細い毛はぐっと突き出るようになっています。パッケージには「超先細毛」と書かれているので、細い方は単に細いだけではなく、テーパ状になっているのかも知れません。・・・確かにその通りです。

oracle2.jpg


 歯の汚れを落とすというだけでなく、上に述べたように私の場合は、歯茎のブラッシングをして血行を促す必要があるのですが、それには時間がかかります。したがって「ゴシゴシとこする」というよりも、出来るだけ長時間、なでるように軽くブラッシングします。握りの部分も滑りにくい材質で覆われていて、それも良い点です。
 そうそう。私は、歯ブラシに何もつけずに(つまり、tooth pasteを。日本語だと「歯磨き粉」ですが、「粉」なんて見かけません。)、ブラッシングをします。そうしないと、1日に何回も長時間、しかも何か他のことをしながらブラッシングすることができないからです。また、「やわらかめ」を選んでいます。

 ちょっと油断をすると歯茎の状態が悪くなりますが、現在のところ大変に良好です。

 今の年齢になって気がつくのがもう遅いのですが、
1 歯茎のブラシのブラッシングは、歯茎の健康のために大変に効果的
2 歯と歯の間をきれいにするには、何度も強く磨くというよりも、ブラシを縦にして磨くと効果的
の2つを実感しました。

 欠点は、いつの間にか家族のみんながこの歯ブラシを使うようになってしまい、自分のがどれか分からなくなってしまうことがあること。(笑)

 メーカーは「エビス」というあまり耳にしないところですが、そのためか販売価格は安い。ブラッシングの時間が長いので、交換のサイクルが短いのですが、出費が気になりません。

oracle3.jpg


 「エビス」さんから宣伝料をもらっているわけではありませんが、歯ブラシに迷っている方にはおすすめです。(「エビス」さんがサンプルを送ってくださるなら、拒みませんよ! 半年分で、12本必要ですけど。(笑))




posted by kewpie at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ガジェット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51382252
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。