2012年01月28日

由紀さおり人気が急上昇(5)

「天使のスキャット」のライナーノートをせっかくだから、読んでみることにしました。

yuki_saori10.jpg



 解像度が低くて、どうしても読めないところが数カ所(★の文字)ありました。

----ここから

天使のスキャット Heavenly Scat (2'48")
タ・ヤ・タン(Ta Ya Tan (2'34")

               (歌)由紀さおり

由紀さおりの素顔
 僕が昨年(43年)9月に初めて由紀さおりに会っ
た時、彼女はまだ本名の安田章子でした。それは後
に「夜明けのスキャット」となった、TBSラジオ
「夜のバラード」のテーマを新しく録音する時でし
たが、あの素直で明るいお嬢さんが、発売後一ヶ
月もたたないうちに日本中に「スキャット」という
耳慣れないことばを覚えさせ最も人気のあるスター
になろうとは、正直なところ夢にも思いませんでし
た。作曲者のいずみ・たくでさえ予想していなかっ
たでしょう。
 あの曲の最初の発想は、ゴーゴーのリズムとファ
ンタスティックな女声という水と油の要素を結
びつけてみようということだったのですが、その女
声をスキャットで★ったいずみ・たくのアイディア
の卓抜さと発想に応えた彼女の★唱が、爆発的人気
を呼ぶ要因になったのだと思います。芸能界ではチ
ャンスに恵まれないとなかなか成功は困難ですが、
あの頃彼女はデビューの準備中で、実にタイミング
よくあの曲がつくられたのです。
 由紀さおりは御承知の通り安田姉妹で名を売った
往年の童謡歌手ですが、その後の★★と目立たない
CMソングの分野での活躍が、新しいスタートを飾
る実力と培ったのでしょう。
 彼女は黒と白が好きだそうで、普段の服装も仕事
の衣装も好んで黒と白を使っているようです。ほか
の色は似合わないのだと自分で言っていますが、飾
り気のない清潔な人柄がこうした趣味にも反映して
います。
 「夜明けのスキャット」の発売前、電車の中でば
ったりと会ったことがありましたが、ヒットを飛ば
す程の歌手にしては凡そタレントらしくなく、私は
晴れがましいことは好きではないし、家にいても全く
普通の娘と変わらずに家事をしたり本をひょんだり編物
をしたりしている、だから仰々しく宣伝されマスコ
ミによってスターに仕立てられるのは本意ではない
と語っていましたが(事実誰に宣伝してもらうでも
なくスターになった(「なった」に傍点)のですが)、こんな生活考え
方が万人に愛される魅力となって表れているので
しょう。彼女はまた詩を読んだり書いたいるするのが
好きで、「夜のバラード」でゲストに招いた時、自
分の詩は持ってきてくれませんでしたが、寺山修司
や立原道造の士を自分で選んできて朗読しました。
優しい抒情とファンタジーを愛する人と見受けまし
た。
 大変おとなしい人のようにばかり書きましたが、
負けん気とファイトを内に秘めた人です。ペリー・
コモとアストラット・ジルベルトを目標にしたいと
言ったことがありましたが、日本のポピュラー界に
独自の存在理由を主張できる資質を十分備えた歌手
として、今度の「天使のスキャット」を含めて今後
の活躍を大いに期待したいと思います。
     (TBSラジオ第二制作部 小山 雄二)

----ここまで

 ここの記事には、
>その頃“YouTubeで由紀さんの歌をピンク・マティーニというグループが歌っている動画
>があるけれど知っている?”と教えていただいたんです。自分は<タ・ヤ・タン>とい
>う歌を忘れてましたので、“えっ?”と思って調べたら、<夜明けのスキャット>の次
>の<天使のスキャット>のカップリング曲だったんです。
と由紀さおり自身が述べている、と書かれています。ちょっと驚き。自分が録音した歌を忘れるなんて事があるのでしょうか。彼女みたいに、沢山歌っているとそうなのかも知れません。

 それを語っている動画もあります。
http://www.cdjournal.com/file/120000/1200001536.asx


 ライナーノート中に出てくるアストラット・ジルベルトという歌手を知らなかったので探してみました。





天使のスキャットそのものは、YouTubeにあるのですが、縦横比が狂っています。



 修正をしてアップロードしたら、「第三者のものと同じ」というような表示が出て、リンクを拒否されてしまいました。アップロードされた動画や音声をパターン化し、データベースで照合しているようです。

 
posted by kewpie at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53337288
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。