2012年02月04日

SONGS〜山本潤子

 2012年2月1日の「SONGS〜山本潤子」を無事に録画出来ました。パソコンで急ぎの仕事をしながら、携帯電話のワンセグで見たのですが、さきほど改めて録画したものを再生してみました。

 1曲目は「冷たい雨」。

junko-01.jpg


 「あれっ」と思ったのは、「つめたいあめにうたれて」と、歌詞の表示が全部ひらがな。荒井由実の歌詞を調べてみると、やっぱり、そんなことはありません。途中から、漢字も含まれて表示されていますので、テロップ作成のミスでしょうか。ま、いいことにしましょう。

 今の山本潤子の歌唱とその姿は、ときどき見られますが、SONGSのいいところは、しっかりした取材です。見たことのない写真が見られました。
 以下、話の補助的材料&証拠として、録画のキャプチャ画像を並べますが、どこからか削除指示が来ないように、小さな画像に留めます。クリックしても大きくなりません。



junko-02.jpg


 小2のときの写真なんて初めて見ました。NHKが頼み込んだのでしょう。

junko-03.jpg


 この「オーストリッチーズ」とやらの写真を見たこともありませんし、聞いたこともありませんでした。Wikipediaを含め、検索しても見当たりませんでした。

junko-04.jpg


 若かりし日の谷村新司と一緒に歌っている写真。これも、メディア初公開ではないでしょうか。「山本潤子 谷村新司」で画像を検索してみましたが、ざっと見たところでは見たりません。

junko-05.jpg


 素朴でいいですねぇ。何の飾りっ気もありません。1969年といえば、由紀さおりの「1969」を思い出します。

junko-06.jpg


 問題の(?)ライトミュージックコンテストのときの写真ならたくさんあると思ったのですが意外に僅かでした。これくらいしか見つかりませんでした。

redbird.jpg


 ありゃ、服装が違っていますね。ということは、別の場所での写真ということになります。済みません。「そのころの写真」と言うことでご勘弁を。
 リンク元に、写真が残っていれば、クリックするとちょっと大きな写真が見られます。
 こちらからリンクさせてもらっています。

junko-07.jpg


 当時の映像はこれしかない(らしい)という貴重なもの。これが全部見られると良かったのですが、さすがにTVKの所蔵で、ちょっとしが見られませんでした。

junko-08.jpg


 素顔が、お美しい! 

junko-09.jpg


 SONGSはふつうの音楽番組と違って、歌う方も協力的なのでしょう。なんと、ドルフィンに山本潤子を行かせました。以外や、初めてだそうです。上の映像も本当にドルフィンからだと思われます。逆光での撮影もカメラマンのセンスの良さを伺わせます。(以下の、山本本人の撮影とは時間が違います。)

junko-10.jpg


 ドルフィンではこれを注文する人が多いのでしょうね。

junko-11.jpg


 「ソーダ水の中を〜 貨物船が通る〜」の実地検証。こんなふうにやる客も多いと思われます。
 ところで前にも書いたような気がしますが、「三浦岬も見える〜」は多分、嘘です。二重の意味で。
 三浦半島はあっても、三浦岬なんてありません。「三崎」はありますけどね。で、三浦半島も位置的に見えないと思います。ドルフィンに行ったことがないから正確には分かりませんが。横浜は、三浦半島の付け根にあるからです。

 一番面白かった実証実験がこれです。

junko-12.jpg


 紙ナプキンに「忘れないで」って山本潤子がインクで書いてみましたが、「あんまりにじまない」でした。本人も言っていましたが、従来とても歌詞にならないようなことを歌詞に使うのが荒井由実の、作詞家としての優れた点だと思います。

 締めくくりは「卒業写真」でした。

junko-13.jpg



 以前、「卒業写真なんてあるのか」と書きましたが、何とたまたま今日(いや、もう昨日になってしまいましたが)、依頼されて某高校の卒業生(この3月卒業予定)の集合写真を撮りました。彼らはその写真を何年か後に見ることになるのかなぁ・・・。

 最後に・・・いや最初に「携帯電話」で見たと書きました。ちょっと音声が割れていて「携帯電話の小さなスピーカーだからかな」と思いましたが、録画をパソコンで再生してもちょっと・・・でした。
 残念ながら&正直なところ、山本潤子史の美声もそろそろ限界が近づいているように思います。それとも録画当日不調だったのでしょうか。





posted by kewpie at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53432681
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。