2012年02月14日

TMPGEnc Mastering Works 5でも、困った?

 「TMPGEnc Authoring Works 5で困った?(1)」で、左右に黒帯が入ってしまう場合の対処を書きましたが、実は気になることがありました。
 一つは、そのページを読んでくださる方に意味が伝わるかどうかです。キャプチャ画面を添えるべきでした。
 もう一つは大きな問題なのですが、左右の黒帯を埋める際に単純な拡大(縦横比率維持)によって、上下がカットされてしまう心配はないか、ということでした。

 今回、TMPGEnc Authoring Works 5ではなく、TMPGEnc Mastering Works 5でも1440×1080の動画を使うことで、同じ問題が発生しましたので、きちんと調べて記録(キャプチャ画面)も残してみることにしました。

 まず、編集画面(「カット」モードのみならず、「フィルター」モードでも)では、左右に黒帯が出ないのに、プレビューでは、黒帯が出てしまう様子です。
preview.gif

 で、対処ですが、Authoring Works 5のようにしようにも、「映像が隙間なく表示されるように配置する」の指定がありません。
 フィルターの「映像リサイズ」で縦横のそれぞれのサイズを指定します。DVDにするのならば、どっちみち720×480などに縮小する必要があるのですから、エンコーディングの時間もあまり変わらないはずです。
 このときの問題は、「アスペクト比保持」にチェックを入れるか否かです。
 本来ならフィルターモードでその結果が分かるはずなのですが、BDから取り出した1440×1080の画像では、アスペクト比保持がONでもOFFでも結果が同じなのです。つまり、黒帯が出ないのです。

 そこでONの場合と、OFFの場合とでどう違うか、アスペクト比保持をOFFにした場合に、上下がカットされてしまわないかを比べてみました。

アスペクト比保持ON
enlarge1.gif


 見事に(泣)、上下がカットされています。(左のアナウンサーの指先を見るとよく分かります。)


アスペクト比保持OFF
enlarge2.gif


 ということで、Mastering Works 5では、黒帯を埋めることができるのですが、Authoring Works 5では、黒帯を残すか、上下がカットされることになります。しかも、いずれの場合も、画像が厳密には16:9の比率ではないのです。
 したがって、BDから直接Authoringで編集・エンコードするのは問題があることになります。手間がかかりますが、Masteringでエンコードをする必要があることになります。

 この点について、Pegasysはどう考えているのでしょう。


posted by kewpie at 09:28| Comment(4) | TrackBack(0) | ファイル作成
この記事へのコメント
この番組ITホワイトボックス数年前より見ています。
Posted by コアル at 2012年02月16日 08:47
コアルさん、コメントをありがとうございます。
コメントをいただいた直後に、私からのコメントを投稿したつもりだったのですが、さきほど見たら記録されていませんでした。

たしかそのときに書いたことは、
1 第1集は、NHKオンディマンドでみられるが、2集以降が見られない。
2 内容的には信頼ができそうで、是非過去の物も見たい、と言うことだったように記憶しています。

Posted by kewpie at 2012年02月19日 00:42
見逃し見放題パックで3日ほど前に視聴したような気がします。
でも視聴したものが2集以後かは認知していないのです。
Posted by コアル at 2012年02月19日 14:39
現在、見逃しにあるのは、

「なぜハマる?新ゲームビジネスの秘密」02月05日23:30〜
「ネットにつながる!?進化する自動車技術」02月12日23:30〜
の2つですね。

 で、2009年〜2010年の第1集(1回〜20回)が、特選ライブラリーにあります。

Posted by kewpie at 2012年02月19日 22:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53913199
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。