2012年04月06日

「メルトダウンの内側」をDVDにしてみました

 BBCが放送した"Inside the Meltdown"(メルトダウンの内側)という番組YouTube上にあり、それに日本語字幕を入れた形のDVDビデオにしてみました。

InsideTheMeltdown.gif


 当初は、英語部分だけを日本語にしたのですが、日本人が日本語で話している部分(英語の字幕が表示される)も聞き取れない(あるいは聞き取りにくい)ケースがあったり、あるいは聴覚障害者にはもちろん聞き取れないので、日本語の音声にも日本語字幕を加えることができるようにしてみました。

InsideTheMeltdown2.gif

 このように、
1 字幕なし
2 日本語字幕
3 日本語字幕(全て)
を選べます。

InsideTheMeltdown3.gif


 映像は、次のものを利用しました。




 英語音声部分の日本語字幕データを作られたのは、tokyobrowntabby(東京茶とら猫)さんという方です。
 次の4つのものをつなぎ合わせました。









 これに、さらに日本語音声部分の日本語字幕を私が加えたわけです。


 実は、よく分からないことがあって、それはBBSのこの番組を、アメリカのPBSがまるで自分のところの番組であるかのように、サイト上に掲載していることです。

 タイトルもBBCの"Inside the Meltdown"から"Inside Japan's Nuclear Meltdown"と返られていることです。日本人が日本語で語っているところは、英語の吹き替えが加えられています。

Watch Inside Japan's Nuclear Meltdown on PBS. See more from FRONTLINE.


 PBSのサイトでも、もちろん視聴することが出来ます。


 今回作ったDVDビデオの字幕のデータは以下の通りです。このブログ上では読みにくいと思いますが・・・。
 時間の直後の数字が「0」になっているのは英語音声に対する日本語字幕、「4」が日本語音声に対する日本語字幕のデータです。


[ItemData]
1,1,"00:00:06,540","00:00:11,611",0,2011年、津波が\n日本を荒らしつくした7日後
2,1,"00:00:11,612","00:00:16,612",0,消防隊員たちは、危機的被害を受けた\n福島第一原発に向かった
3,1,"00:00:17,351","00:00:20,888",4,放射線は右側が一番高い!\n了解!
4,1,"00:00:21,022","00:00:23,890",0,原子炉3基が\nメルトダウンを起こしていた
5,1,"00:00:23,891","00:00:28,395",0,彼らの任務は放射能に\n汚染された瓦礫の中を進み
6,1,"00:00:28,428","00:00:33,428",0,致死的放射能を放つ\n核燃料に水をかけること
7,1,"00:00:33,748","00:00:40,774",0,失敗したら、日本の広大な地域で\n人が住めなくなると政府は恐れた
8,1,"00:00:43,277","00:00:46,747",4,私たちも行くというようなことは、\nその時点では全然頭になかったですね
9,1,"00:00:49,283","00:00:51,685",4,本当に祈るような思いで\n待っていました
10,1,"00:00:53,153","00:00:57,124",0,このドキュメンタリーは、災害の\n最前線で撮影された貴重な映像と
11,1,"00:00:57,157","00:01:02,157",0,原子炉を救うために戦った男たちとともに\nのちに我々が撮影した映像で構成されている
12,1,"00:01:02,528","00:01:09,435",0,実際に現場にいた者たちが語る\n福島メルトダウンの内側である
13,1,"00:01:10,470","00:01:12,706",4,そのときは、さすがにちょっと
14,1,"00:01:12,706","00:01:17,978",4,来たなぁ、っていう\nいよいよ来たぞ、っていう\n
15,1,"00:01:19,580","00:01:24,691",0,これは、放射能によって生活が一変した\n人々の物語であり……
16,1,"00:01:24,785","00:01:29,785",4,娘、残った娘をね\n守んなきゃなんない
17,1,"00:01:30,450","00:01:37,263",0,人命を危険にさらしてでも、さらなる大惨事を\n回避しようとした一国の首相の物語でもある
18,1,"00:01:37,264","00:01:39,032",4,放棄してどうなるかというと
19,1,"00:01:39,032","00:01:41,168",4,全部がメルトダウンしてですね
20,1,"00:01:41,168","00:01:46,168",4,それで起きる影響は日本だけではなくて\n世界に影響を及ぼしますからね
21,1,"00:01:51,211","00:01:57,819",0,「メルトダウンの内側」
22,1,"00:02:01,921","00:02:04,860",0,2011年3月11日
23,1,"00:02:08,227","00:02:09,929",0,1日目
24,1,"00:02:13,900","00:02:18,239",0,"日本 東北地方 福島第一原子力発電所"
25,1,"00:02:20,674","00:02:25,674",4,比較的、仕事が\nスムーズに進んでいた日でした
26,1,"00:02:28,115","00:02:32,953",4,それまで、1週間、2週間と\n大きな地震が続いていて
27,1,"00:02:32,953","00:02:37,290",4,我々は、そのうち非常に大きな地震が\n来るんじゃないかというような
28,1,"00:02:37,290","00:02:38,892",4,冗談を言っていました
29,1,"00:02:40,327","00:02:44,931",4,そしてその冗談は\n現実になってしまいました
30,1,"00:02:46,800","00:02:52,070",0,気象カメラ撮影
31,1,"00:02:52,071","00:02:55,975",0,福島第一原発を揺さぶった地震は
32,1,"00:02:55,976","00:02:59,946",0,記録にある限り\n日本で過去最大のものだった
33,1,"00:03:02,402","00:03:05,384",0,原発を運転する東京電力は
34,1,"00:03:05,385","00:03:08,755",0,作業員が人前で\n話をするのを禁じてきた
35,1,"00:03:10,290","00:03:13,760",0,しかし事故から1年、\n自らの体験を語る者たちが現れている
36,1,"00:03:15,529","00:03:19,733",4,壁に付けられていたパイプがずれて
37,1,"00:03:19,733","00:03:24,471",4,そしてそれを固定しているものから\n外れたものを見ました
38,1,"00:03:26,406","00:03:30,043",4,ずぅっと地震が長くなって、\nどんどんどんどん大きくなっていきますから
39,1,"00:03:30,811","00:03:33,780",4,これはちょっと、普通じゃないなって\n私も思いました
40,1,"00:03:34,147","00:03:39,147",4,膝をついたような状態で\n手すりに掴まってたような状態
41,1,"00:03:40,187","00:03:43,290",4,で、停電が始まって
42,1,"00:03:47,594","00:03:51,097",0,日本の発電所には\n耐震設計がなされており
43,1,"00:03:51,098","00:03:54,801",0,原子炉は数秒で\n自動停止した
44,1,"00:03:54,868","00:03:58,738",0,しかし核燃料棒は\n高放射能であるため
45,1,"00:03:58,739","00:04:02,943",0,停止したあとも\n猛烈な熱を生みだす
46,1,"00:04:02,982","00:04:10,550",0,そこで、燃料棒が溶けないように冷却する装置に\n電気を送るため、非常用発電機が作動した
47,1,"00:04:18,261","00:04:22,628",0,かつて福島第一原発で原子炉点検の\n仕事をしていたサトウ・タカシは
48,1,"00:04:22,629","00:04:25,866",0,その日の詳細な記録を残している
49,1,"00:04:27,934","00:04:32,539",4,私は、プラントは\n心配してませんでした
50,1,"00:04:32,806","00:04:36,376",4,原子力は安全だと\n思ってましたから
51,1,"00:04:38,512","00:04:40,680",4,発電所は結果的には、\nそうですね
52,1,"00:04:40,680","00:04:42,616",4,安全ではなかったですね
53,1,"00:04:46,520","00:04:49,790",0,午後3時15分
54,1,"00:04:51,977","00:04:57,130",0,原発近くの海で働く福島の漁師たちは、\n次に来るものを知っていた
55,1,"00:04:58,198","00:05:05,238",4,ここの浜は、地震が来ると\n津波が来ると
56,1,"00:05:01,401","00:05:05,238",4,昔から言われているものですから
57,1,"00:05:05,605","00:05:08,408",4,自分は、港にある\n自分の船に行って
58,1,"00:05:08,408","00:05:11,044",4,沖に船を出しにいきました
59,1,"00:05:14,220","00:05:17,249",0,ウチダ・ヨシオは自分の船を救うため
60,1,"00:05:17,250","00:05:23,156",0,過去数百年で最大の津波めがけて\n猛スピードで向かっていった
61,1,"00:05:23,138","00:05:26,660",0,津波の波頭が砕ける前に\n波頭に乗るためだ
62,1,"00:05:29,229","00:05:32,699",4,こんな、こんな、山
63,1,"00:05:32,966","00:05:35,869",4,我々は、まっすぐ東からきた波を3枚
64,1,"00:05:35,869","00:05:41,107",4,通り抜けたけれど\n15メートル位あったなぁ
65,1,"00:05:44,477","00:05:45,478",4,もう、こんな感じだった
66,1,"00:05:45,478","00:05:50,116",4,こうこう、こんな感じで、\nそれを結局3つやり過ごした
67,1,"00:05:54,287","00:06:00,060",0,最大の波は原発の防波堤の\n2倍以上の高さがあった
68,1,"00:06:05,732","00:06:08,368",4,ただ、後ろの方にも\n変な波があったから
69,1,"00:06:08,368","00:06:11,671",4,ちょっと、「何かがあったな」\nというのはあった
70,1,"00:06:14,641","00:06:17,310",4,何かが、悪さぐらいしたのかなと
71,1,"00:06:25,321","00:06:30,820",0,これは原発の作業員が、\n高台に逃げる同僚を写した映像である
72,1,"00:06:31,358","00:06:33,360",4,急いで! 来ますよ
73,1,"00:06:33,460","00:06:36,930",4,津波が来ますよ\nつかまっちゃいますよ
74,1,"00:06:45,204","00:06:50,109",0,午後3時35分、最大の波が原発を襲う
75,1,"00:06:50,110","00:06:52,809",0,気象カメラ撮影
76,1,"00:06:52,812","00:06:59,389",0,以前から東電は、津波への備えが甘いと\n科学者の指摘を受けていた
77,1,"00:06:59,386","00:07:02,320",0,だが何の対策もしていなかった
78,1,"00:07:02,321","00:07:05,660",0,この問題についてはいまだ検証中であると\n東電は語る
79,1,"00:07:10,162","00:07:13,132",0,ついに津波は防波堤を乗り越え
80,1,"00:07:13,133","00:07:16,703",0,原発を水浸しにし始めた
81,1,"00:07:23,944","00:07:26,446",4,ここは、一つは\nぐちゃぐちゃに壊れていて
82,1,"00:07:28,114","00:07:33,586",4,すごい事だなという事だけは\nその時点で感じ取れました
83,1,"00:07:34,821","00:07:42,360",0,ムラカミ・ユキオ(仮名)は\n今も福島第一原発で働くベテラン原子力技術者だ
84,1,"00:07:42,364","00:07:48,340",0,会社がインタビューを禁じているため\n素性を明かさないことを希望している
85,1,"00:07:48,868","00:07:56,943",4,その他、引いていった波に乗っていった\n車なり、物置き的な建物なり
86,1,"00:07:57,177","00:08:02,515",4,後は5千キロリットルの重油タンクなりが\n海に持っていかれて
87,1,"00:08:02,515","00:08:07,887",4,それが、どんどんどんどん沈んでいくのが\n光景に入りました
88,1,"00:08:10,956","00:08:17,959",0,冷却装置に電気を送る非常用ディーゼル発電機は\nほとんどが地下にあった
89,1,"00:08:17,963","00:08:24,003",0,もしもそれが使い物にならなければ\nいずれ核燃料が溶け落ちて、地面にめり込み
90,1,"00:08:24,004","00:08:28,708",0,壊滅的な量の放射能が放出されてしまう
91,1,"00:08:33,113","00:08:36,816",4,非常用ディーゼル装置が\n発電用の装置がやられたとか
92,1,"00:08:36,950","00:08:40,053",4,そういったのを聞いた時には
93,1,"00:08:40,053","00:08:43,656",4,ま、「あり得ない」っていうか
94,1,"00:08:43,656","00:08:47,594",4,ま、ビックリしましたね
95,1,"00:08:50,260","00:08:54,767",0,これは制御室に残されていた当時の日誌
96,1,"00:08:54,768","00:08:58,371",0,大惨事が近づく混乱の中で\n走り書きされたものだ
97,1,"00:08:58,479","00:09:04,209",0,15:42 原子力緊急事態発令
98,1,"00:09:04,210","00:09:08,419",0,15:58 水位計読み取り不能
99,1,"00:09:08,418","00:09:17,320",0,16:36 非常用炉心冷却装置機能せず、注水無し
100,1,"00:09:23,630","00:09:28,767",0,強い影響力をもつ\n日本最大級の企業である東電の幹部は
101,1,"00:09:28,768","00:09:34,174",0,自身の原発が全電源を喪失する\n事態を想定していなかった
102,1,"00:09:34,441","00:09:38,090",0,次の手を何も考えていなかった
103,1,"00:09:39,279","00:09:44,384",4,今までの、我々が…\n私が、あるいは我々が考えていた部分を
104,1,"00:09:45,185","00:09:47,887",4,かなり超えた領域に入っていますので
105,1,"00:09:45,819","00:09:49,860",3,"小森明生 \n東京電力原子力本部 常務取締役"
106,1,"00:09:48,354","00:09:53,354",4,対応そのものが、あるいは\n対策を取るという事については
107,1,"00:09:53,359","00:09:56,629",4,かなり限定された\n手段になるだろうということは
108,1,"00:09:56,629","00:09:58,631",4,かなり直感しました
109,1,"00:10:00,699","00:10:04,170",0,"午後5時00分 東京"
110,1,"00:10:07,164","00:10:09,675",0,津波から90分
111,1,"00:10:09,676","00:10:15,615",0,日本政府は、過去最大級の自然災害に\n対処するために慌しく動いていた
112,1,"00:10:17,242","00:10:22,559",0,そこへ、福島原発の冷却装置が\n動かないとの知らせが首相のもとに届く
113,1,"00:10:25,125","00:10:26,326",4,大変深刻なことになって
114,1,"00:10:25,136","00:10:27,359",3,"菅直人 総理大臣                  "
115,1,"00:10:26,326","00:10:31,564",4,非常に強い危機感を\nその報告を受けた時に持ちました
116,1,"00:10:33,333","00:10:37,036",4,地震と津波\nそれ自体も大変な被害でしたし
117,1,"00:10:37,036","00:10:40,773",4,さらにそれに\n原発事故が重なりましたから
118,1,"00:10:40,773","00:10:44,577",4,そのままにしておくとですね\n水が無くなってメルトダウンすると
119,1,"00:10:44,577","00:10:47,814",4,そういう事は私\n分かってましたので
120,1,"00:10:49,082","00:10:52,580",4,非常に背筋が\n寒くなるような気がしました
121,1,"00:10:55,229","00:10:59,409",0,政府は非常電源車を福島に派遣した
122,1,"00:10:59,409","00:11:03,800",0,メルトダウンを回避するには\n一分たりとも無駄にできない
123,1,"00:11:06,199","00:11:11,500",0,しかし地震のせいで道は渋滞し、\nすぐに電源車は動けなくなった
124,1,"00:11:16,876","00:11:19,679",0,午後5時30分
125,1,"00:11:22,188","00:11:25,485",0,津波から2時間が経過
126,1,"00:11:26,719","00:11:29,956",0,沿岸部は壊滅的な被害を受けていた
127,1,"00:11:30,723","00:11:34,660",0,死者・行方不明者は、約2万3千人
128,1,"00:11:40,439","00:11:46,339",0,福島で農業を営むキムラ・ノリオは、\n原発からわずか3kmのところに住んでいた
129,1,"00:11:46,338","00:11:50,609",0,津波が来たときは、外で作業をしていた
130,1,"00:11:50,608","00:11:54,050",0,今は家族を捜していた
131,1,"00:11:55,582","00:12:02,640",0,難を逃れた住民は、原発が危機的状況にあることなど\n何も知らずに、地元のスポーツセンターに集まっていた
132,1,"00:12:03,856","00:12:08,556",4,沢山の大熊の町民が集まっていて
133,1,"00:12:13,066","00:12:18,771",4,とにかくそこでの第一声が\n3人がいないという事だったので
134,1,"00:12:19,105","00:12:25,211",4,うーん、もう\n寒くなるようなあれだったですね
135,1,"00:12:19,239","00:12:22,379",3,キムラ・ノリオ
136,1,"00:12:25,211","00:12:27,947",4,すーっと血の気が引くっていうかね
137,1,"00:12:30,803","00:12:38,230",0,ノリオの父、妻\nそして末娘ユウナの行方がわからない
138,1,"00:12:40,260","00:12:45,431",4,津波でやられているっていう\n気持ちには
139,1,"00:12:45,431","00:12:48,368",4,ならないというか、\nなれないっていうか
140,1,"00:12:52,238","00:12:55,241",4,それから、こんどは瓦礫の中
141,1,"00:12:55,241","00:13:00,813",4,うちの敷地だけじゃなくて\nうちの部落をずーっと見て回って
142,1,"00:13:03,516","00:13:11,260",0,夜、日本政府は原発から3km圏内の住民全員に\n念のための避難を指示した
143,1,"00:13:12,891","00:13:15,794",0,しかしノリオたちは避難指示を無視し
144,1,"00:13:15,795","00:13:20,795",0,原発のすぐ近くで\n行方不明の家族を捜し続けていた
145,1,"00:13:24,337","00:13:28,040",0,午後11時30分
146,1,"00:13:28,040","00:13:33,079",0,深夜0時が近づく頃\n非常電源車の第一陣が原発に到着
147,1,"00:13:33,078","00:13:38,880",0,原子炉が電源を失って\nすでに7時間以上が経過していた
148,1,"00:13:40,153","00:13:45,153",4,点いたというニュースが入った時\nこれで当然つながってですね
149,1,"00:13:45,158","00:13:49,162",4,動き出すものだと思って\nちょっと、一瞬ホッとしました
150,1,"00:13:50,587","00:13:53,965",0,しかし発電機は配電盤につなぐ必要がある
151,1,"00:13:53,966","00:13:56,269",0,その配電盤は地下にあった
152,1,"00:13:57,003","00:14:00,940",4,電源装置が全然\n水没状態になっていたんですよ
153,1,"00:14:00,940","00:14:03,042",4,水の中に
154,1,"00:14:03,209","00:14:04,877",4,誰もアクセスできないですよ
155,1,"00:14:05,245","00:14:08,447",0,救援計画は失敗した
156,1,"00:14:08,448","00:14:13,448",0,今や本格的な原子力災害である
157,1,"00:14:13,203","00:14:18,500",0,しかも計器類が動いていないので\n炉心内部の状況がわからない
158,1,"00:14:19,858","00:14:22,999",0,技術者たちは窮余の策に打って出た
159,1,"00:14:24,097","00:14:29,736",4,電源を復旧するにあたって\n各自のマイカーですとか、公有車ですとか
160,1,"00:14:29,836","00:14:35,141",4,そういった車で来られた方の\n「バッテリーの提供をしてもらえませんか」ということを
161,1,"00:14:35,141","00:14:37,210",4,事務所の中でもやられていました
162,1,"00:14:39,626","00:14:46,890",0,かき集めたバッテリーで、1号機の制御室にある\n重要な計器類が動き始めた
163,1,"00:14:46,886","00:14:52,860",0,0時少し前には\n圧力計の電源が回復する
164,1,"00:14:53,358","00:14:57,196",0,その数値はパニックを引き起こした
165,1,"00:14:57,230","00:14:59,766",4,圧力なんかどんどん、どんどん\n上がっていく訳ですよ
166,1,"00:14:59,766","00:15:04,804",4,そのころから、まわりは\n「やないんじゃないの?」
167,1,"00:15:04,804","00:15:07,106",4,「ヤバイんじゃない? これ」
168,1,"00:15:08,561","00:15:12,878",0,炉心内にある燃料棒の温度上昇により
169,1,"00:15:12,879","00:15:17,250",0,放射性物質を含む蒸気と水素が\n大量に発生していることがわかった
170,1,"00:15:17,431","00:15:22,792",0,そのせいで圧力が高まれば\n燃料への注水ができなくなる
171,1,"00:15:22,792","00:15:27,671",0,もっとまずいことに\n格納容器が爆発するかもしれなかった
172,1,"00:15:27,672","00:15:33,338",0,そうなれば北日本の一部は\n数百年にわたって人が住めなくなる
173,1,"00:15:39,810","00:15:44,390",0,"2日目 午前1時00分"
174,1,"00:15:45,182","00:15:49,053",0,東京では首相が\n恐ろしいメッセージを受け取った
175,1,"00:15:49,052","00:15:58,624",0,原子炉が爆発しないうちに、急いで放射能のガスを\n大気中に放出する必要があるというのだ
176,1,"00:16:00,560","00:16:04,797",4,そのまま放置すると\n格納容器が圧力で壊れてしまうと
177,1,"00:16:04,797","00:16:10,736",4,万一壊れると、大量の放射能が\n一挙に大気中に出ますから
178,1,"00:16:12,927","00:16:17,756",0,日本で放射能は\n長らくデリケートな話題だった
179,1,"00:16:26,257","00:16:31,256",0,1945年にアメリカが\n広島と長崎に原爆を落としたあと
180,1,"00:16:31,257","00:16:36,257",0,何万人もの人が\n放射線障害やガンで亡くなった
181,1,"00:16:38,135","00:16:40,499",0,それでも今、日本の首相は
182,1,"00:16:40,500","00:16:45,972",0,放射能の意図的な放出を\n許可するしかないと感じていた
183,1,"00:16:49,408","00:16:52,612",4,全員が、これはベントを\nやらざるを得ないと
184,1,"00:16:52,612","00:16:53,913",4,やりましょうという事で
185,1,"00:16:53,913","00:16:58,913",4,「じゃぁ分かりましたやって下さい」と\nこう言ったんです
186,1,"00:16:58,656","00:17:02,570",0,しかし東電には\n政府に伝えていないことがあった
187,1,"00:17:03,686","00:17:08,995",0,電力のない状態でベントをする事態を\n想定していなかったため
188,1,"00:17:09,195","00:17:11,697",0,やり方がわからなかったのである
189,1,"00:17:13,799","00:17:17,970",4,ベント弁は基本的にモーター駆動で\nMO弁になります
190,1,"00:17:17,970","00:17:22,575",4,MO弁ですので電源がなければ\n普通は開きません
191,1,"00:17:22,808","00:17:28,281",4,手動でも開くんですけれども\nかなりの動力がかかる弁です
192,1,"00:17:29,901","00:17:32,684",0,1号機制御室の暗闇の中
193,1,"00:17:32,685","00:17:38,124",0,作業員たちは設計図をにらんで\nベントを開ける方法を探った
194,1,"00:17:42,068","00:17:47,639",0,手書きの日誌は、放射線量が\n上昇し始めたことを示している
195,1,"00:17:48,668","00:17:53,668",4,数値が表示されていることにも\n通常はあり得ない事なので
196,1,"00:17:53,673","00:17:59,011",4,それも、プラントの中ではなく\n事務所の中ですから
197,1,"00:18:00,980","00:18:04,483",4,もう、最悪の状態とは思いました
198,1,"00:18:06,217","00:18:11,530",0,政府と東電が認めるのは数か月先になるが\n技術者たちはうすうす感づいていた
199,1,"00:18:11,528","00:18:15,370",0,核燃料がメルトダウンを起こしたのである
200,1,"00:18:15,428","00:18:19,865",4,燃料もある程度溶け始まってきているな\nというのも、想定していました
201,1,"00:18:19,865","00:18:22,234",4,マスクなり、装備は持っていましたんで
202,1,"00:18:22,234","00:18:27,234",4,下から持ってきて\n隠して足元に置いておいて
203,1,"00:18:25,071","00:18:28,941",4,いつでも逃げられる体制を\n作るように、もう、しました
204,1,"00:18:30,413","00:18:32,780",0,"2日目 午前6時00分"
205,1,"00:18:32,782","00:18:34,379",0,再び東京
206,1,"00:18:34,380","00:18:39,952",0,原子炉のベントを命じてから6時間が経過したが\n原発からは何の知らせもない
207,1,"00:18:41,625","00:18:46,039",0,政府は、東電が真実を\n隠しているのではないかと疑い始めた
208,1,"00:18:48,548","00:18:50,896",0,首相は急な決断を下す
209,1,"00:18:50,963","00:18:54,734",0,自ら、福島第一原発に向かうというのだ
210,1,"00:19:07,513","00:19:12,385",4,全員がベントをやるべきだと言いながら\nなぜベントが進まないのか
211,1,"00:19:13,419","00:19:15,488",4,理由が説明できない訳ですね
212,1,"00:19:15,488","00:19:18,257",4,それは東電本店が\n間に入っているものですから
213,1,"00:19:18,257","00:19:21,961",4,理由が、伝言ゲームで\n伝わってこない訳です
214,1,"00:19:24,300","00:19:30,269",0,首相は原発で\n東電の技術者とじかに会い
215,1,"00:19:30,436","00:19:34,407",0,ベントをするよう迫った
216,1,"00:19:35,274","00:19:39,178",4,菅さんは怒っていたと思いますけど\n菅総理が
217,1,"00:19:39,211","00:19:42,481",4,「国が指示出しているのに\n何やっているんだ東電は」って
218,1,"00:19:43,115","00:19:48,187",4,必死になって対応しようとしたけど\nMO弁が開かなかったっていうのが裏にあって
219,1,"00:19:48,187","00:19:51,624",4,簡単には開かなかった
220,1,"00:19:53,059","00:19:54,393",4,一生懸命\nやろうとしているんだけど
221,1,"00:19:54,393","00:19:56,328",4,追いつかなかっただけなんですよね
222,1,"00:19:58,951","00:20:03,670",0,所長の吉田昌郎は\n率直な物言いで知られる
223,1,"00:20:05,127","00:20:09,449",0,吉田はベント付近の線量が\n致命的に高い恐れがあるのを知っていた
224,1,"00:20:09,449","00:20:14,550",0,しかし吉田は首相に対し\n必要であれば決死隊を送り込むと告げた
225,1,"00:20:15,247","00:20:19,718",4,分かりましたと、図面を出して\nこうやってやりますと言っていました
226,1,"00:20:22,541","00:20:25,399",0,首相は東京に戻る
227,1,"00:20:26,625","00:20:31,639",0,自分の命令はベント作業員に死を宣告したに\n等しいかもしれない。それはわかっていた
228,1,"00:20:31,639","00:20:35,219",0,だが、日本の未来がかかっていると思った
229,1,"00:20:36,869","00:20:40,473",4,私としては、大変\n重い決断でありました
230,1,"00:20:41,474","00:20:46,474",4,しかし、そうすべきだと\n思ってそうしました
231,1,"00:20:54,891","00:20:58,230",0,それでもベントは行なわれない
232,1,"00:20:59,160","00:21:06,540",0,東電のもとには、周辺の村の避難が\n完了していないとの知らせが入っていた
233,1,"00:21:08,738","00:21:14,009",0,瓦礫の中で行方不明の家族を\nまだ捜している住民がいるのだ
234,1,"00:21:14,011","00:21:16,608",0,今ベントを行なえば
235,1,"00:21:16,609","00:21:20,546",0,彼らが危険なレベルの\n放射線を浴びるおそれがある
236,1,"00:21:20,620","00:21:24,459",0,その中にキムラ・ノリオの姿もあった
237,1,"00:21:26,585","00:21:28,788",4,明るくなってきて
238,1,"00:21:29,722","00:21:35,394",4,その間ずっと、住宅周辺と\n部落周辺をずっと探して歩いて
239,1,"00:21:40,303","00:21:45,303",0,ノリオは上の娘のマユとは\n再会を果たしていた
240,1,"00:21:45,810","00:21:51,519",0,だが下の娘と妻\nそして父親がまだ見つからない
241,1,"00:21:52,882","00:21:54,445",0,彼は選択を迫られた
242,1,"00:21:54,446","00:22:00,352",0,捜すのを諦めるか\nせっかく助かった娘を被曝の危険にさらすか
243,1,"00:22:02,454","00:22:07,059",4,うちの部落の区長さんが来てくれて
244,1,"00:22:07,059","00:22:15,067",4,「もう原発がダメだから\n離れなきゃダメだ」って説得されて
245,1,"00:22:16,268","00:22:18,904",4,残っている人の方が…
246,1,"00:22:23,409","00:22:28,881",4,うん…大事だからって言われて
247,1,"00:22:28,881","00:22:33,881",4,そこで、もう…\n何ていうんですかね
248,1,"00:22:33,886","00:22:36,322",4,気持ちが切り替わったですね
249,1,"00:22:36,355","00:22:39,825",4,あの、娘…残った娘をね
250,1,"00:22:40,626","00:22:46,432",4,守んなきゃならないっていう事で\nうん…
251,1,"00:22:49,408","00:22:52,771",0,3月12日の午前9時を回った頃
252,1,"00:22:52,805","00:22:56,275",0,原発周辺の村の避難は完了した
253,1,"00:22:56,646","00:23:01,319",0,東電はベント作業員のチームに\n中に入るよう命じる
254,1,"00:23:07,497","00:23:12,660",0,制御室の日誌には、第1チームの2名が\n午前9時4分に出発したとある
255,1,"00:23:14,360","00:23:19,164",4,被ばくするのを覚悟で\n覚悟で行った人間がいるんですよ
256,1,"00:23:20,799","00:23:23,335",4,パイプは大丈夫そうですね
257,1,"00:23:24,570","00:23:27,206",4,50ミリ!\n放射線、高いんだな
258,1,"00:23:28,163","00:23:32,080",0,この映像は事故の7か月後に\n東電が撮影したものである
259,1,"00:23:32,081","00:23:35,389",0,当時も線量は\n依然として危険なレベルだった
260,1,"00:23:35,389","00:23:39,919",0,ベントのチームがどんな環境で\n作業しなければならなかったかがよくわかる
261,1,"00:23:41,954","00:23:43,022",4,その環境というのは
262,1,"00:23:43,022","00:23:47,793",4,普通の人間が作業するような環境じゃあ\n全く無いという事なんです
263,1,"00:23:48,027","00:23:49,228",4,現場はそうです
264,1,"00:23:51,130","00:23:54,900",4,温度は40何度あるし\n
265,1,"00:23:54,900","00:23:58,766",4,で、まわりは真っ暗で
266,1,"00:23:58,003","00:24:01,402",4,水蒸気が溜まっているような状態で
267,1,"00:24:01,774","00:24:05,311",4,どうせ線量も高いじゃないですか
268,1,"00:24:06,478","00:24:09,515",4,私だったら\nなかなか行けないですね
269,1,"00:24:16,025","00:24:20,059",0,作業員が原子炉建屋に\n留まる時間は一人17分まで
270,1,"00:24:23,028","00:24:24,930",4,67ミリ
271,1,"00:24:28,163","00:24:32,379",0,9分を経過したところで\nベントを開けるハンドルが見つかった
272,1,"00:24:34,177","00:24:38,470",0,ハンドルを少しずつ回し\n時間がきたら引き返す
273,1,"00:24:40,701","00:24:44,659",0,ほかのチームもあとに続き、それぞれ\n建屋内で数分だけ作業をする
274,1,"00:24:46,460","00:24:47,285",0,作業員の一人は
275,1,"00:24:47,286","00:24:53,726",0,原発作業員に通常認められている被曝量の\n5年分を超える放射線を浴びた
276,1,"00:24:57,830","00:25:05,170",4,相当の勇気と覚悟で、彼らは\n行ったんだろうなというふうに想定します
277,1,"00:25:06,171","00:25:08,974",4,自分の命もかかっている事だし
278,1,"00:25:11,280","00:25:12,711",0,"2日目 午後2時00分"
279,1,"00:25:12,845","00:25:15,480",0,その日の午後、\n原発からはかすかな煙が立ち昇り     
280,1,"00:25:15,481","00:25:19,118",0,炉心の圧力が下がりつつあることを\n告げていた
281,1,"00:25:19,659","00:25:25,100",0,ベントによって壊滅的な爆発は回避され、\n東北地方は救われたかに見えた
282,1,"00:25:27,466","00:25:31,500",0,中央制御室では\n部分的に電力が回復した
283,1,"00:25:31,501","00:25:35,299",0,最悪の事態は終わったのではないかと\nみんなが思い始めた
284,1,"00:25:35,601","00:25:41,073",4,ホッとしましたし、早く、あとは\n原子炉の方が安定をして
285,1,"00:25:41,807","00:25:48,514",4,早く、早く出して下さいという\n事だけだったですかね
286,1,"00:25:51,917","00:25:58,840",0,ベントが完了したので、炉心への\n注水という喫緊の作業に集中できる
287,1,"00:25:59,863","00:26:03,000",0,そのとき、不意に地面が揺れた
288,1,"00:26:04,029","00:26:06,732",4,ケツが30センチぐらい\nドンッて浮いたんですよ
289,1,"00:26:09,168","00:26:11,370",4,誰も分からなかったです
290,1,"00:26:11,370","00:26:14,206",4,何なんだ? 地震かな? 余震かな?
291,1,"00:26:15,741","00:26:18,010",4,地震のような感じでいたんですが\n
292,1,"00:26:18,010","00:26:21,213",4,地響きみたいな大きな音が\nドドドドッ!ってきたので
293,1,"00:26:21,213","00:26:23,749",4,ドーンっていきましたから
294,1,"00:26:26,051","00:26:28,220",4,吉田所長が
295,1,"00:26:28,220","00:26:32,157",4,「これって、1号機爆発したんじゃねぇか?」
296,1,"00:26:40,132","00:26:43,101",4,で、それからみんな大慌てになったんです
297,1,"00:26:49,874","00:26:57,249",0,炉心自体が爆発して、放射能を帯びた燃料が原発\n全体にまき散らされたのではないかと技術者は思った
298,1,"00:26:58,688","00:27:05,429",0,自分たちが助かるかどうかを確かめるため\n中央制御室で線量を見守った
299,1,"00:27:06,658","00:27:10,762",4,逃げようかって、多分\n思った人はいっぱいいたと思います
300,1,"00:27:10,762","00:27:14,500",4,ただし、逃げる手段が\nなかったんです、もう
301,1,"00:27:18,003","00:27:21,874",4,足がないし\n走って逃げたら被曝するし
302,1,"00:27:30,120","00:27:35,754",0,のちに所長の吉田は\nメディアに対する唯一の正式なコメントの中で
303,1,"00:27:35,787","00:27:38,418",0,最悪の事態が起きたと思ったと打ち明けた
304,1,"00:27:38,457","00:27:42,594",4,どういう状況で爆発したのかが\nこの免震棟では分かりませんから
305,1,"00:27:42,594","00:27:47,065",4,現場からいろいろと、怪我した\n人間が返ってくるという状況の中で
306,1,"00:27:47,065","00:27:50,235",4,最悪、例えば格納器が爆発している\nという事になりますと
307,1,"00:27:50,235","00:27:53,438",4,大量の放射能が出てくる\nという事になります
308,1,"00:27:53,438","00:27:57,242",4,そこに、コントロールが不能になって\nという事がありまして
309,1,"00:27:58,610","00:28:01,647",4,これで終わりかな\nという感じがしました
310,1,"00:28:05,989","00:28:09,560",0,1時間後、線量は安定する
311,1,"00:28:09,559","00:28:12,759",0,技術者たちは\n何が起きたのかを突き止めた
312,1,"00:28:12,763","00:28:16,661",0,漏れた水素が原子炉建屋の\n天井部分で爆発したものの
313,1,"00:28:16,662","00:28:20,599",0,炉心自体は\n損傷していないとわかったのだ
314,1,"00:28:21,833","00:28:30,609",4,爆発前からの放射性物質の外部への\n出方、状況には大きな変化はない
315,1,"00:28:31,043","00:28:34,146",4,是非、冷静に対応をしていただきたい
316,1,"00:28:35,803","00:28:41,220",0,東京では官房長官が\n危機は大したものではないと語っていた
317,1,"00:28:41,253","00:28:45,724",4,格納容器自体の損傷が\n認められないという事でございます
318,1,"00:28:45,724","00:28:46,158",4,そういうことであります
319,1,"00:28:46,296","00:28:53,590",0,しかし裏では、事態が手に負えなく\nなりつつあるのを政府は認識していた
320,1,"00:28:54,844","00:28:58,940",0,爆発のせいで炉心への\n注水作業はストップしている
321,1,"00:29:00,576","00:29:05,450",0,今や燃料が溶けて\n炉外に出るのも時間の問題だ
322,1,"00:29:05,450","00:29:09,190",0,そうなれば、はるかに危険な\nレベルの放射能が吐き出される
323,1,"00:29:11,984","00:29:19,491",4,そこに至るまでに於いて、どこまで\nこの事故が拡大するのかという事を
324,1,"00:29:20,459","00:29:26,031",4,考えたり、いろんな、その人に\n一種のシミュレーションをしてもらっていまして
325,1,"00:29:26,098","00:29:31,098",4,で、最悪のケースはですね\n200キロ、250キロという範囲で
326,1,"00:29:31,103","00:29:35,374",4,300キロという範囲まで\n逃げなきゃいけない
327,1,"00:29:38,010","00:29:42,014",4,そうなると\n首都圏が全部機能マヒする
328,1,"00:29:42,014","00:29:46,918",4,という事は、事実上日本がですね\n機能マヒしかねないと
329,1,"00:29:53,855","00:30:00,309",0,爆発で放出された放射能の雲は\nすでに広がり始めていた
330,1,"00:30:02,121","00:30:04,835",0,政府は避難区域を拡大し
331,1,"00:30:04,836","00:30:09,007",0,原発から20km圏内の\n住民全員に避難を指示する
332,1,"00:30:10,434","00:30:14,845",0,キムラ・ノリオと上の娘が\nこの知らせを聞いたとき
333,1,"00:30:14,846","00:30:17,382",0,二人はその危険地帯にいた
334,1,"00:30:19,184","00:30:26,458",4,自分の中では、俺ここにいちゃ\nちょっとまずいなという気持ちもあって
335,1,"00:30:27,325","00:30:33,565",4,その間に、最近ちょっと話が出ていましたけど
336,1,"00:30:33,565","00:30:38,136",4,ヨウ素剤を村の方で配ってくれて
337,1,"00:30:38,136","00:30:45,043",4,で、娘に飲ませて、上の娘を安全な\nところまで運ばなければならない
338,1,"00:30:45,043","00:30:47,946",4,それだけだったですね、もう、その時には
339,1,"00:30:48,447","00:30:51,883",4,出来るだけ原発から離れたかった
340,1,"00:30:57,942","00:31:02,772",0,3月12日の午後\n大脱出が始まる
341,1,"00:31:04,212","00:31:08,911",0,福島が非常にまずい状況にあることに\n世界は気づき始めた
342,1,"00:31:08,911","00:31:14,986",0,原発周辺の村々から\n10万人以上が避難した
343,1,"00:31:16,117","00:31:17,742",0,そのとき彼らは知らなかったが
344,1,"00:31:17,743","00:31:23,348",0,一部住民の向かった先はかえって危険な地域\n死の灰の真っ只中だったのである
345,1,"00:31:24,552","00:31:29,497",0,避難者たちはこのときのことに\n今も怒りを感じている
346,1,"00:31:31,189","00:31:36,189",4,危ないって、もし仮に\nそれを発表してくれてたら
347,1,"00:31:36,261","00:31:40,065",4,絶対別の方向に\n逃げていたと思うので
348,1,"00:31:40,932","00:31:47,606",4,小さい子どもを持つ親としては\nやっぱり凄く怒りは感じます
349,1,"00:31:51,162","00:31:56,640",0,ヒルウチ・ノゾミは爆発のあった日に\n家族とともに村から避難した
350,1,"00:31:57,433","00:32:01,760",0,前日には、津波で父親を亡くしていた
351,1,"00:32:03,622","00:32:07,259",4,私はその当時妊娠していたので
352,1,"00:32:07,259","00:32:14,132",4,上の子二人ももちろんですし\nお腹の子も心配だったので
353,1,"00:32:14,132","00:32:18,103",4,とにかく安全なところに\n行きたいというのが
354,1,"00:32:18,103","00:32:22,808",4,それが一番で\nもう、必死でしたね
355,1,"00:32:25,018","00:32:28,846",0,その日、SPEEDIと呼ばれる\n政府の放射能拡散予測システムは
356,1,"00:32:28,847","00:32:34,786",0,一部住民の向かったちょうどその場所に\n死の灰が積もることを予測していた
357,1,"00:32:36,210","00:32:39,957",0,しかし原子力安全・保安院は
358,1,"00:32:39,958","00:32:46,231",0,データの精度に不安があったので\n首相にそのデータを渡すのをためらったと語る
359,1,"00:32:47,833","00:32:52,103",4,私とか、あるいは官房長官に\n保安院から\n
360,1,"00:32:52,103","00:32:56,875",4,「SPEEDIによればこういう結果が出ているから
361,1,"00:32:56,875","00:33:03,281",4,逃げる避難の事についてはこれを参考に\nこうしたほうがいいです」と言うような説明は
362,1,"00:33:03,281","00:33:04,716",4,一切ありませんでした
363,1,"00:33:09,275","00:33:13,724",0,原発から北西に約30km離れた\n津島地区には
364,1,"00:33:13,725","00:33:18,063",0,そこが安全だと思って\n何千人もの人が避難してきた
365,1,"00:33:19,723","00:33:25,530",0,ところが津島は、原発そのものの\n一部地点よりも線量が高かった
366,1,"00:33:25,530","00:33:29,006",0,命にかかわるレベルではなかったとはいえ
367,1,"00:33:29,007","00:33:32,911",0,避難者はその後もずっと\n自分の健康が心配でならない
368,1,"00:33:36,592","00:33:41,130",0,ヒルウチの3人目の子どもは\n避難後まもなく生まれた
369,1,"00:33:43,522","00:33:48,293",4,生まれた時は本当に感動しましたね\n「おお、やったぞ」って
370,1,"00:33:48,293","00:33:53,265",4,とりあえず手の数、数えて\n足の指の数も数えて
371,1,"00:33:53,265","00:33:58,503",4,ああ、5本5本で10本、\n両方10本ちゃんとあるなって
372,1,"00:34:03,818","00:34:06,319",0,"4日目 午前8時00分"
373,1,"00:34:06,322","00:34:10,748",0,津波から65時間
374,1,"00:34:10,749","00:34:15,487",0,福島第一原発は\n新たな危機に直面していた
375,1,"00:34:16,632","00:34:23,761",0,1号機と2号機の溶けた炉心への注水作業が\n爆発のせいで遅れているうえに
376,1,"00:34:23,762","00:34:27,727",0,今度は3号機もメルトダウンを起こしたのだ
377,1,"00:34:27,041","00:34:30,039",0,東電には助けが必要だった
378,1,"00:34:30,358","00:34:34,120",0,自衛隊の特殊チームが出動を命じられた
379,1,"00:34:34,120","00:34:40,889",0,再び水素が蓄積すれば、3号機の建屋が\nいつ爆発してもおかしくない
380,1,"00:34:42,847","00:34:46,418",4,どうすればその仕事が早くできて\n早く帰れるかと
381,1,"00:34:47,052","00:34:51,418",4,…という事を\n一生懸命その時は判断していました
382,1,"00:34:52,524","00:34:54,526",4,緊張はいたしました
383,1,"00:34:55,060","00:34:55,694",4,大変、やっぱり緊張を
384,1,"00:34:55,694","00:34:59,731",4,我々も本当に放射線が漏れている\n汚染地域に入るのは
385,1,"00:34:59,731","00:35:03,501",4,実は、想定した訓練はやってるんですけれども\n実際に入るのは初めてですで
386,1,"00:35:03,540","00:35:10,442",0,岩熊真司1等陸佐とそのチームは\n放射性粒子から体を守るスーツは着ていたが
387,1,"00:35:10,475","00:35:15,347",0,恐ろしいガンマ線を防ぐ手段は\n与えられていなかった
388,1,"00:35:15,391","00:35:20,629",0,彼らの任務は3号機の炉心に\nじかに注水することである
389,1,"00:35:22,087","00:35:26,391",4,まさにこれからホースを接続するために\n車から降りようとした時に
390,1,"00:35:28,860","00:35:30,829",4,爆発
391,1,"00:35:34,966","00:35:37,335",4,実は、ジープの上というのは\nキャビンの布で出来ているので
392,1,"00:35:37,335","00:35:41,506",4,それを破るように、大きな\nコンクリートの塊が落ちてきて
393,1,"00:35:45,210","00:35:50,415",4,爆風で、接合部分からは相当\n中に放射性物質が入りましたね
394,1,"00:35:52,484","00:35:53,718",4,警報も付けていたんですが
395,1,"00:35:53,718","00:35:57,922",4,それはもう\nずっと鳴りっぱなしという状況でした
396,1,"00:35:58,408","00:36:02,680",0,今やあたり一面が致死的な\n放射能を帯びた瓦礫
397,1,"00:36:02,682","00:36:05,429",0,隊員は爆風で怪我をしたものの
398,1,"00:36:05,430","00:36:09,968",0,命取りになるほどの被曝をする前に\nどうにかその場を逃れた
399,1,"00:36:11,469","00:36:14,973",4,少しでも早く危険なところから離れるという事で
400,1,"00:36:14,973","00:36:19,277",4,何十重にも運が良かった事が\n重なりましたね
401,1,"00:36:19,277","00:36:21,312",4,本当にラッキーでした
402,1,"00:36:21,312","00:36:24,516",4,もう、ラッキー以外\n何ものでもなかったと思います
403,1,"00:36:34,307","00:36:36,400",0,"4日目 午後3時00分"
404,1,"00:36:37,488","00:36:41,389",0,原発はもはや、人間がいられる\n場所ではなくなりつつあった
405,1,"00:36:41,389","00:36:48,360",0,"一つの建屋付近では線量が\n毎時1,000ミリシーベルトに上昇した"
406,1,"00:36:48,360","00:36:53,090",0,この線量の放射線を1時間浴びたら\n放射線障害が起きる
407,1,"00:36:53,091","00:36:56,990",0,数時間浴びたら命を落とす
408,1,"00:36:59,751","00:37:04,856",4,対策本部の中での、3号機が爆発した後は\n社員の方でも
409,1,"00:37:04,856","00:37:07,292",4,「もう終わりだな」というふうに
410,1,"00:37:07,292","00:37:10,228",4,声は小さかったですけど\nそう言われる方もいましたし
411,1,"00:37:10,228","00:37:16,267",4,「早く逃げなきゃ」とか\n「終わりだな」というのはありましたし
412,1,"00:37:17,112","00:37:23,720",0,夜になり、この情報は\n東京の東電本社に伝えられた
413,1,"00:37:23,720","00:37:28,490",0,東電は原発から作業員を\n撤退させる検討を始めた
414,1,"00:37:30,248","00:37:31,783",4,ブラントの状況によっては
415,1,"00:37:31,783","00:37:37,222",4,一部、保安をしっかりと\n守るという人を除いて
416,1,"00:37:37,222","00:37:41,426",4,退避を検討すると
417,1,"00:37:38,567","00:37:41,970",3,"小森明生 \n東京電力原子力本部 常務取締役"
418,1,"00:37:41,860","00:37:44,395",4,そういう可能性が出てくるだろうと
419,1,"00:37:44,462","00:37:53,905",4,そういうことで検討するという話を\n国の方にはお伝えしております
420,1,"00:37:55,624","00:38:01,100",0,次に何が起きたかは、福島にかかわる\n様々な出来事の中でもとりわけ議論を呼んでいる
421,1,"00:38:01,358","00:38:06,240",0,その夜、首相は\n気がかりなメッセージで起こされた
422,1,"00:38:06,240","00:38:11,456",0,東電が作業員を一人残らず\n撤退させようとしていると聞かされたのだ
423,1,"00:38:11,489","00:38:12,824",0,全面降伏である
424,1,"00:38:13,062","00:38:17,870",0,原発の制御を維持するために\n一部の人員を残すという話はなかった
425,1,"00:38:20,198","00:38:23,701",4,私自身は撤退はあり得ないと\nもともと思っておりました
426,1,"00:38:23,701","00:38:25,203",4,つまり、撤退するという事は
427,1,"00:38:25,203","00:38:32,977",4,6つの原子炉と7つの使用済み燃料の\nプールを、いわば放棄すると
428,1,"00:38:32,977","00:38:37,248",4,放棄してどうなるかというと\n全部がメルトダウンしてですね
429,1,"00:38:37,248","00:38:43,922",4,まさにチェルノブイリの何十倍という\n放射性物質がまき散らされることになると
430,1,"00:38:46,544","00:38:53,839",0,ちょうどその頃、福島では吉田所長が\n全作業員を集めていた
431,1,"00:38:55,099","00:39:01,406",4,吉田所長は「これから\n避難を始めたいと思います」と
432,1,"00:39:01,406","00:39:04,809",4,で、その時点で吉田さんは\n覚悟を決めていた
433,1,"00:39:04,809","00:39:08,179",4,彼はそこで\n死ぬつもりだったんだろうけれども
434,1,"00:39:08,179","00:39:12,317",4,とりあえず250人を\n殺すわけにはいかないんで\n
435,1,"00:39:13,051","00:39:16,254",4,で、「帰ってくる」と
436,1,"00:39:16,955","00:39:18,356",4,「もう、ここまでやったんだから\nしょうがない」と\n
437,1,"00:39:18,356","00:39:26,064",4,「これ以上はもう、手段も何もないから」\n「帰ってくれ」と
438,1,"00:39:27,365","00:39:30,335",4,発言的にはちょっとあんまり\nよくないのかもしれないけれど\n
439,1,"00:39:30,335","00:39:34,405",4,私はもう、ホッとしました\n早く出たい
440,1,"00:39:37,785","00:39:41,389",0,"5日目 午前5時30分"
441,1,"00:39:41,913","00:39:47,218",0,一方、首相は\n東京の東電本社に向かっていた
442,1,"00:39:47,252","00:39:49,354",0,撤退をやめさせるつもりである
443,1,"00:39:49,500","00:39:54,139",0,首相は、東電幹部と\n話をさせるよう強く求めた
444,1,"00:39:54,139","00:39:58,990",0,テレビ会議を通じて、福島の技術者たちも\n首相の様子を見つめていた
445,1,"00:40:01,065","00:40:04,335",4,大変な状況だけども\nとにかくここは頑張ってくれと
446,1,"00:40:04,335","00:40:08,072",4,とにかく放棄なんかできないんだと
447,1,"00:40:09,674","00:40:11,542",4,まさに日本の運命がかかっているんだと
448,1,"00:40:11,542","00:40:14,145",4,60歳を超えた人達をね
449,1,"00:40:14,145","00:40:18,082",4,場合によったらそういう人たちが\n先頭切ってでもね\n
450,1,"00:40:18,082","00:40:22,420",4,多少危険なところでも\nやるぐらいの覚悟でやってくれという事を
451,1,"00:40:22,420","00:40:24,622",4,かなり強い調子で言いました
452,1,"00:40:25,990","00:40:26,824",4,あり得ないと\n
453,1,"00:40:26,824","00:40:29,928",4,いわば日本がですね\n見えない敵に…\n
454,1,"00:40:29,928","00:40:36,567",4,何ていうか、日本の領土をですね\n譲り渡すようなもんで
455,1,"00:40:36,968","00:40:42,106",4,もっといえば、それで、起きる影響は\n日本だけではなくて世界に影響を及ぼしますから
456,1,"00:40:43,433","00:40:48,870",0,東電幹部は、全作業員の撤退など\n考えたこともないと今も主張する
457,1,"00:40:49,557","00:40:53,929",0,その日の朝、東電は必要最小限の\n作業員を残すことに応じた
458,1,"00:40:53,929","00:40:58,769",0,この作業員たちはやがて\n「フクシマ50(フィフティ)」として知られるようになる
459,1,"00:40:58,769","00:41:03,399",0,当面彼らは中央制御室から出られない
460,1,"00:41:04,929","00:41:08,399",4,放射線量がべらぼうに高いですから\n
461,1,"00:41:09,701","00:41:10,802",4,さぁどうしましょうか?
462,1,"00:41:10,802","00:41:15,802",4,無人君になっちゃう\n無人君になっちゃいました
463,1,"00:41:18,419","00:41:22,779",0,数キロ離れた場所には\n数百人の作業員が待機し
464,1,"00:41:22,780","00:41:26,451",0,原子炉に注水するためのパイプを\n設置する準備を終えていた
465,1,"00:41:26,662","00:41:31,470",0,だが今は線量が高すぎて\n原発に近づけない
466,1,"00:41:33,798","00:41:38,161",0,アメリカから到着したばかりの\n原子力専門家チームは
467,1,"00:41:38,162","00:41:43,162",0,事態がもはや、東電と日本政府の\n能力を超えているのではないかと危ぶんだ
468,1,"00:41:43,768","00:41:49,574",0,原発に少ししか人数が\n残っていないと聞かされました
469,1,"00:41:45,370","00:41:48,973",3,"チャック・カスト \n米原子力規制委員会"
470,1,"00:41:49,574","00:41:53,244",0,その時点で必要なことを行なうには\n数が足りないと思いました
471,1,"00:41:53,289","00:41:55,459",0,東京電力撮影
472,1,"00:41:56,958","00:42:01,852",0,その日、日本側から情報が\n得られないことに業を煮やし
473,1,"00:42:01,853","00:42:05,857",0,アメリカのチームは原発上空に\n無人偵察機を飛ばすことを決めた
474,1,"00:42:07,992","00:42:10,710",0,得られたデータは\n気がかりなものだった
475,1,"00:42:10,710","00:42:14,365",0,3回目の水素爆発によって
476,1,"00:42:14,399","00:42:19,804",0,使用済み燃料プールが\n外気にさらされた状態になっていた
477,1,"00:42:20,749","00:42:25,050",0,使用済み燃料棒は\n依然として高い放射能をもつ
478,1,"00:42:25,052","00:42:29,780",0,もしプールの水が沸騰して干上がったら、\n燃料棒が発火して
479,1,"00:42:29,781","00:42:34,781",0,原子炉メルトダウンよりひどい\n放射能汚染が起きるおそれがある
480,1,"00:42:35,520","00:42:40,290",0,水が少ないせいで、使用済み燃料プールの\n燃料が損傷しつつあるという
481,1,"00:42:40,291","00:42:42,693",0,明確な兆候が現れていました
482,1,"00:42:42,720","00:42:47,731",0,日本政府が日本国民の心配をするように\n私たちはアメリカ国民の心配をしていて
483,1,"00:42:47,732","00:42:52,070",0,この状況に終止符を打つには、燃料プールに\n水を入れるしかないと考えました
484,1,"00:42:54,048","00:42:56,949",0,"7日目 午前9時40分"
485,1,"00:42:57,909","00:43:01,245",0,日本の首相は\n一か八かの作戦を命じた
486,1,"00:43:01,279","00:43:04,490",0,使用済み燃料プールに\n空中から水を投下するのである
487,1,"00:43:07,072","00:43:09,319",0,最初に飛び立った\n乗組員たちは知っていた
488,1,"00:43:09,320","00:43:13,224",0,チェルノブイリの事故のときに\n旧ソ連が同じことを行ない
489,1,"00:43:13,224","00:43:16,561",0,のちにパイロットが\nガンで死んだことを
490,1,"00:43:18,095","00:43:23,034",4,朝に、エンジンかける直前に\n妻に電話して\n
491,1,"00:43:24,735","00:43:28,606",4,妻がやはり
492,1,"00:43:25,636","00:43:32,900",3,ヤマオカ・ヨシユキ
493,1,"00:43:28,606","00:43:34,345",4,「誰かが行かなきゃならないんだったら\n一生懸命頑張ってきてくれ」と
494,1,"00:43:36,914","00:43:41,319",4,「ご幸運を願います」ということで\n妻も応援してくれました
495,1,"00:43:41,319","00:43:43,488",4,そのとき、妻も泣きながらで
496,1,"00:43:43,488","00:43:47,959",4,私も少し\n泣きそうになりましたけれども
497,1,"00:43:50,839","00:43:56,510",0,原子炉の線量が高すぎるために\n偵察任務は断念された
498,1,"00:43:56,510","00:44:01,409",0,ヘリコプターにはタングステンの\nプレートが取り付けられた
499,1,"00:44:01,409","00:44:07,579",0,乗組員は300フィート[約90m]の上空で飛行しながら\n水を投下しなければならない
500,1,"00:44:07,583","00:44:09,847",0,それ以上高く飛んだら的を外す
501,1,"00:44:10,114","00:44:15,486",0,それ以上低ければ\n危険なレベルの放射線を浴びてしまう
502,1,"00:44:17,588","00:44:19,590",4,そのときは、さすがにちょっと
503,1,"00:44:20,491","00:44:25,363",4,来たなぁ、っていう\nいよいよ来たぞ、っていう\n
504,1,"00:44:25,363","00:44:30,363",4,こう、背筋がゾーッとするような\n感じにはなりましたけど
505,1,"00:44:36,841","00:44:42,613",4,私は、線量計を持って
506,1,"00:44:42,613","00:44:47,613",4,ずっと飛行感はゼロだったですね\n
507,1,"00:44:48,519","00:44:50,555",4,原発につくまでは\nほぼゼロでした\n
508,1,"00:44:50,555","00:44:53,257",4,ところが、直上に行った途端に
509,1,"00:44:53,257","00:45:00,364",4,ブワっと、線量計がブワっと反応して\nどっと上がっていったという
510,1,"00:45:01,548","00:45:05,419",0,目標の上に差し掛かった
511,1,"00:45:08,372","00:45:12,243",4,絵は、忘れられない絵ですね
512,1,"00:45:12,944","00:45:16,013",4,骨組が、建物の骨組みが見えてて\n
513,1,"00:45:16,013","00:45:21,352",4,壁があっちこっちに散らばってて\nすごい…
514,1,"00:45:25,404","00:45:30,910",0,世界は約30km離れたカメラを通して\nこの任務を生中継で見守った
515,1,"00:45:33,331","00:45:38,331",4,風に水が押し負けていって\n曲がっていってしまいますので\n
516,1,"00:45:38,336","00:45:41,138",4,その状態で水を撒いた
517,1,"00:45:47,345","00:45:48,312",4,湯気が見えましたので
518,1,"00:45:48,312","00:45:54,018",4,入ってくれたんだなというのは\n分かりました\n
519,1,"00:46:03,094","00:46:06,897",4,「やってやったぞ」と\n「やったぞ」と、はい
520,1,"00:46:07,231","00:46:12,231",4,みんなのためにやったんだ\nっていう気持ちになれました
521,1,"00:46:13,659","00:46:16,823",0,しかし2度目は的を外した
522,1,"00:46:16,823","00:46:23,029",0,ほかのヘリコプターも続いたが\n風が強くて正確に狙えない
523,1,"00:46:24,803","00:46:28,980",0,アメリカの専門家チームも\n作戦を見つめていた
524,1,"00:46:28,984","00:46:36,970",0,私たちは独自に線量を測り
525,1,"00:46:32,289","00:46:38,062",0,水を投下したあとに、線量が\n下がるかどうかを見ていました
526,1,"00:46:38,062","00:46:40,040",0,下がりませんでした
527,1,"00:46:40,946","00:46:45,001",0,アメリカ政府は\n9万人のアメリカ人を
528,1,"00:46:45,002","00:46:48,539",0,日本から避難させる計画を\nひそかに立て始める
529,1,"00:46:50,389","00:46:55,359",0,原発から80km圏内のイギリス人は\n全員が避難勧告を受けた
530,1,"00:46:57,102","00:47:01,469",0,日本の避難区域設定は\n20kmのままである
531,1,"00:47:03,337","00:47:07,924",0,アメリカ偵察機のデータは\n致死的な放射能をもつ燃料の破片が
532,1,"00:47:07,925","00:47:09,994",0,原子炉のまわりに\n飛び散っていることをうかがわせた
533,1,"00:47:11,462","00:47:17,209",0,もしそうなら、原発に近づいただけで\n命を落としかねない
534,1,"00:47:18,929","00:47:21,290",0,"8日目 午後11時00分"
535,1,"00:47:21,290","00:47:23,907",0,そうした危険にもかかわらず\n日本政府は
536,1,"00:47:23,908","00:47:30,181",0,何としても燃料プールに水を入れるようにと\n東京消防庁のチームに命じた
537,1,"00:47:32,072","00:47:36,599",0,隊員たちは放射能の中で\n作業をした経験がなかった
538,1,"00:47:38,456","00:47:40,391",4,全隊員が参集してきまして\n
539,1,"00:47:40,391","00:47:44,628",4,まず、40歳以上\n放射能という事で40歳以上の\n
540,1,"00:47:44,628","00:47:49,867",4,これから子どもを作るとか\nそういう予定のない者を選びました
541,1,"00:47:52,903","00:47:55,573",4,私は家族とは話はしていません
542,1,"00:47:55,740","00:48:00,478",4,もう、いつでも\nそういう時にはそういう現場に行くと
543,1,"00:48:00,478","00:48:02,346",4,教育してありますんで
544,1,"00:48:03,209","00:48:06,599",0,隊長が先に行ってルートを決めた
545,1,"00:48:06,600","00:48:12,620",0,しかしそのときの被曝量により\n部下の任務には同行できなくなった
546,1,"00:48:13,157","00:48:15,526",4,ただしその放射線量ですか
547,1,"00:48:14,240","00:48:16,910",3,冨岡豊彦
548,1,"00:48:15,526","00:48:19,263",4,…の高い低い\n隊員がどういう活動をするか
549,1,"00:48:19,263","00:48:22,299",4,精神的な面とかですね\n色々考えましたけれども
550,1,"00:48:22,299","00:48:25,202",4,もう、隊員に託すしか\nなかったのでですね\n
551,1,"00:48:25,202","00:48:27,371",4,もう本当に、祈るような思いで\n待っていました
552,1,"00:48:29,206","00:48:34,577",0,計画は、トラックを海の\nそばに止めて水を吸い上げ
553,1,"00:48:34,578","00:48:37,748",0,それから800mのホースを設置し
554,1,"00:48:37,748","00:48:41,719",0,燃料プールへの放水が始まったら\nその場を去るという
555,1,"00:48:42,319","00:48:44,855",4,照明、用意してありますか\n照明
556,1,"00:48:46,590","00:48:51,040",0,これは原子力災害の最前線で\nその夜に撮影された貴重な映像だ
557,1,"00:48:51,043","00:48:54,850",0,隊員たちが原子炉に近づく準備をしている
558,1,"00:48:55,666","00:48:58,669",4,この車、乗ればいいんですか\n私乗ります、誘導します
559,1,"00:49:00,704","00:49:01,972",4,海に行く車です
560,1,"00:49:03,040","00:49:07,159",0,任務は60分以内に\n完了させると決めた
561,1,"00:49:07,159","00:49:11,299",0,それ以上長引けば\n過剰な被曝をすることになる
562,1,"00:49:13,450","00:49:18,989",4,福島第一原発に着いた時には\nすごく静かな状況で風もなく\n
563,1,"00:49:19,190","00:49:21,525",4,異様な静けさでありました
564,1,"00:49:21,525","00:49:27,298",4,まず、目に入ってきたのが\n津波で流された色々な漂流物
565,1,"00:49:22,692","00:49:25,480",0,鎌仲修実(かまなかおさみ)
566,1,"00:49:27,298","00:49:33,571",4,それから、道路が激しく歪んで\n穴が開いているところもありました
567,1,"00:49:33,571","00:49:37,775",4,ここで自分たちが\nこれから1時間以内に\n
568,1,"00:49:37,775","00:49:42,580",4,ミッションを成功させなきゃならないという\n不安もありました
569,1,"00:49:43,581","00:49:52,423",4,現在400マイクロ\n―現在、○○の前で400マイクロ、問題なし\n
570,1,"00:49:52,877","00:49:57,479",0,線量を測定する車両が\n先に出発する
571,1,"00:50:00,598","00:50:05,598",4,―現在の測定値\n○○の前で400マイクロ
572,1,"00:50:07,786","00:50:10,690",0,ものの数分で行く手を阻まれた
573,1,"00:50:10,690","00:50:16,240",0,隊員たちは線量を測りながら、手作業で\nホースを設置しなければならなくなった
574,1,"00:50:16,347","00:50:21,347",4,その通路、真ん中より左側に\nマンホール、ぽっかり穴あります
575,1,"00:50:21,352","00:50:22,386",4,―マンホール、こっち? 左側?
576,1,"00:50:22,386","00:50:23,687",4,真ん中より左側
577,1,"00:50:27,337","00:50:32,310",0,線量が危険なレベルに\n上昇したことをアラームが告げた
578,1,"00:50:34,298","00:50:40,104",4,ストップ!\nホースがこちらで束ねてあるから
579,1,"00:50:40,371","00:50:43,674",4,できるだけ車両の右\nいや、左側を通ってください
580,1,"00:50:43,674","00:50:48,379",4,今、70ミリシーベルトパーアワー
581,1,"00:50:50,464","00:50:57,969",0,100ミリシーベルトという線量は
582,1,"00:50:52,850","00:50:57,850",0,任務に1時間以上かかれば隊員の\nガンのリスクが高まることを意味する
583,1,"00:51:01,592","00:51:06,592",4,(警報音)\n100ミリシーベルト!
584,1,"00:51:06,597","00:51:11,597",4,作業を中断して\n車のこっちに来てください
585,1,"00:51:12,336","00:51:14,538",4,下がって、戻れ
586,1,"00:51:15,639","00:51:20,639",4,できるだけ至急\n建物から戻って
587,1,"00:51:20,370","00:51:24,899",0,作業開始から60分\nついにホースがつながった
588,1,"00:51:26,650","00:51:30,054",4,散水を開始していいか
589,1,"00:51:30,387","00:51:35,693",4,送水しているが、これ以上は\nどうなっているか分からないです
590,1,"00:51:37,294","00:51:41,465",4,「あ、いい水が出ている」と無線が入りまして\n「やった」と\n
591,1,"00:51:41,465","00:51:44,935",4,これで、任務は完了出来たのかと\n
592,1,"00:51:44,935","00:51:51,709",4,後はいち早くその場所から逃げ出したいと\nマイクロバスにみんな走るように
593,1,"00:51:53,259","00:51:59,000",0,隊員たちが撤退するとき\n線量が下がり始めた
594,1,"00:51:59,000","00:52:01,639",0,隊員たちは\n東京に向けて出発した
595,1,"00:52:01,639","00:52:06,240",0,任務の内容を、まだ\n家族に話していない隊員もいた
596,1,"00:52:07,291","00:52:09,159",4,帰ってきて怒られましたけど\n
597,1,"00:52:09,193","00:52:11,829",4,「どこに行ったの?」という話で\n
598,1,"00:52:11,829","00:52:16,829",4,「電話一本ほしかったよ」\nというような話しですね
599,1,"00:52:19,486","00:52:22,279",0,9日目
600,1,"00:52:26,084","00:52:30,680",0,放射線量が下がったので\n東電はここがチャンスと判断した
601,1,"00:52:30,680","00:52:36,070",0,待機していた数百人の作業員が\n原発に向かう
602,1,"00:52:38,070","00:52:44,040",0,彼らの任務は長さ数キロのパイプを設置して\n炉心に絶え間なく水を送ることだ
603,1,"00:52:44,043","00:52:49,479",0,線量がまた急に上がるといけないので\n迅速に作業する必要があった
604,1,"00:52:51,001","00:52:56,507",4,日本の将来を背負って\nそこで戦わなくてはいけない
605,1,"00:52:56,507","00:52:59,309",4,つまり、日の丸を背負って
606,1,"00:52:59,309","00:53:05,849",4,これから先、あの発電所で\n戦わなくてはいけないと思ったわけです
607,1,"00:53:06,858","00:53:11,180",0,繰り返しになるが、東電は作業員が\n体験談を語ることを禁じてきた
608,1,"00:53:11,180","00:53:14,740",0,しかし、あえて話そうと\nする者が出てきている
609,1,"00:53:15,693","00:53:20,230",4,線量計は3月の時点では\n付けていないですね
610,1,"00:53:20,230","00:53:27,304",4,どこが高いとか、そういう線量が高いという話は\n東電の方からは直接話がされていないですね
611,1,"00:53:29,219","00:53:37,229",0,東電は、線量計はほとんど\n津波で流されてしまったが
612,1,"00:53:33,711","00:53:38,711",0,各グループに1個はちゃんと\n配布したと語っている
613,1,"00:53:38,549","00:53:44,088",4,その時はやっぱり\n急いでいる作業、緊急作業だったので\n
614,1,"00:53:45,556","00:53:48,225",4,全員、文句言わないで\nみんな分かってるんで\n
615,1,"00:53:48,225","00:53:54,364",4,その辺はしちゃいけない作業でも黙々と
616,1,"00:53:56,363","00:54:03,660",0,パイプの設置が完了し
617,1,"00:53:58,702","00:54:03,702",0,安定した水の流れが\nついに炉心を冷やし始めた
618,1,"00:54:03,660","00:54:10,430",0,何日も死の恐怖と向き合ってきた中央制御室の\n作業員たちは、希望を感じ始めた
619,1,"00:54:12,416","00:54:18,188",4,割に表情もにこやかになってきたし\n怒り口調の人間がいなくなってきた\n
620,1,"00:54:19,289","00:54:23,694",4,上に立つ立場の人間は\n落ち着けるような言い方もしてたし
621,1,"00:54:25,878","00:54:32,749",0,困難で危険な作業がまだ何週間も\n待ち受けてはいたが、反撃が始まっていた
622,1,"00:54:33,771","00:54:37,741",4,それまではですね\nどんどん見えない敵に押されてですね\n
623,1,"00:54:37,741","00:54:43,881",4,そこからやっと体制が整って\nいわば反転が始まったと言えます\n
624,1,"00:54:46,610","00:54:51,610",0,のちに原子炉の一つに\n内視鏡カメラが入れられた
625,1,"00:54:53,948","00:54:57,940",0,白く光る斑点はガンマ線の影響である
626,1,"00:54:59,706","00:55:08,479",0,東電は現在、1号機の溶けた燃料が格納容器の底の\nコンクリート・シェルの中でようやく止まったと考えている
627,1,"00:55:17,414","00:55:21,652",4,世界中がですね、千機、2千機\n3千機という原発を持った時に
628,1,"00:55:21,652","00:55:28,792",4,世界にとって本当に\n安心な世界だと言えるだろうかと
629,1,"00:55:31,094","00:55:32,596",4,それ以上にならなかったのは\n
630,1,"00:55:32,596","00:55:36,400",4,神のおぼしめしというのか\nということだったと
631,1,"00:55:36,400","00:55:43,373",4,本当に紙一重の場面が\n最初の1週間だったと思います\n
632,1,"00:55:51,116","00:55:54,317",0,福島のメルトダウンで\n放出された放射能は
633,1,"00:55:54,318","00:55:58,755",0,日本の北東部を\n数百平方kmにわたって汚染した
634,1,"00:55:59,973","00:56:03,940",0,死の灰を避けて\n10万人以上の人が避難した
635,1,"00:56:05,535","00:56:09,719",0,キムラ・ノリオは\n白馬に移り住んだ
636,1,"00:56:09,719","00:56:13,603",0,福島から遠く離れた\nこの地でようやく
637,1,"00:56:13,604","00:56:17,674",0,娘を放射能から\n遠ざけられたと感じていた
638,1,"00:56:20,118","00:56:25,400",0,津波の数週間後\n妻と父親の遺体が見つかった
639,1,"00:56:25,400","00:56:30,200",0,しかし末娘のユウナは\nいまだ行方不明である
640,1,"00:56:42,114","00:56:47,820",0,震災から4か月\nノリオは福島に向かっていた
641,1,"00:56:49,555","00:56:54,530",0,依然として20km圏内は\n立入禁止である
642,1,"00:57:01,310","00:57:06,290",0,残された動物は\n餓死したものもいれば
643,1,"00:57:07,891","00:57:11,128",0,野生化してさまようものもいた
644,1,"00:57:20,675","00:57:23,139",0,原発からわずか3kmの場所で
645,1,"00:57:23,140","00:57:28,140",0,津波の犠牲者を悼む\n慰霊祭が行なわれた
646,1,"00:57:28,729","00:57:34,150",0,ノリオにとっては\n原発事故前の生活と
647,1,"00:57:34,151","00:57:39,289",0,置いていかざるをえなかった娘に\n別れを告げる機会となった
648,1,"00:57:44,695","00:57:48,298",4,あなたたちが\n突然いなくなって4カ月が過ぎ
649,1,"00:57:48,732","00:57:53,298",4,どうしてこんなことになったのか\n色々と考えてきました
650,1,"00:57:54,071","00:57:56,873",4,いつかまた、ここに戻って
651,1,"00:57:58,075","00:58:03,046",4,あなた達を奪った海を眺めながら\n生活したいものです\n
652,1,"00:58:05,682","00:58:08,618",4,次がいつになるかは\n全く分かりませんが\n
653,1,"00:58:09,419","00:58:12,155",4,必ず戻ってきます
654,1,"00:58:12,356","00:58:15,826",4,遺族代表 キムラ・ノリオ
655,1,"00:58:25,133","00:58:27,837",0,ノリオが住んでいた\n沿岸地域は
656,1,"00:58:27,838","00:58:32,409",0,この先20年以上\n人が住めないかもしれない
657,1,"00:58:32,743","00:58:35,212",0,日本語字幕:東京茶とら猫さん\n協力:金吾さん、sakakickxさん

posted by kewpie at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 震災・原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54828792
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。