2007年09月28日

You'd Be So Nice To Come Home To

Helen Merrill

"You'd Be So Nice To Come Home To"というジャズのタイトルの意味(和訳)について、某所で話題になっていました。

 知る人ぞ知ることですが、大橋巨泉が誤訳をしてしまい、後に気づいたものの、後の祭りだったとのこと。
 CMにも使われたことのある曲だそうですが、私は全く覚えがありません。

 Youtubeで見る(聞く)ならまずは、Helen Merrill(のよう)です。



 ちょっと変なやつ。


 で、問題のタイトル(歌詞の1行目でもある)ですが、
巨泉氏は
> 『帰ってくれればうれしいわ』の誤訳で広まっているのもさもありなん
http://www.cafeblue.com/jazz/menu/03mar01.html
> これが誤訳ではないかというのも知っている人は知っている話です。
http://hello.ap.teacup.com/applet/eigohonyaku/20070911/archive
と誤訳をしたようなのですが、
例えば
> そしてそして、本当は「帰るところがあなたの所だったら素敵だわ」であるという説が有力らしいということも分かりました。
http://ameblo.jp/miracles/day-20070614.html
とありますが、その通りだと思います。

 You'd Be So Nice To Come Home To

You'd Be So Nice for me To Come Home To
ってことで、
「私の帰宅先があなたであれば、素敵だろう」
ということでしょう。

 The town would be hard (for me) to live in.
は「私がその町に住むとすれば大変だろう」
と同じこと。
wouldは仮定法から来ていて、「今は住んでいないけれど、仮に住むことになれば」の気持ちが含まれます。

 きっと単にcome toでなくて、come home toと、home何ていうのが入るので分かりにくいのでしょう。
こんな例文はどうでしょうか。
The man would be nice to take care of.
(世話好きな私にとって)その男は、面倒を見るとすれば大いにやりがいがあるだろう。

 私は聞いたことがないのですが、NHKラジオ第2放送の「ものしり英語塾」のジェームズ天願先生という講師は
「あなたが待っている家に帰れたらなんてすてきだろう」
と和訳しているそうですが、なかなか名訳かも知れません。
 ただし、その場合、「あなた」は私を待っていることが前提で、「もしも」は「帰れれば」にかかることになります。

> 『君の待つ家にかえれたら、どんなに素敵だろう』と家に帰りたがってる
http://ameblo.jp/miracles/day-20070614.html
はその立場です。

 歌詞をよく読みとらないと分からないのですが、「もしあなたが待ってくれているならば」という気持ちを含めるとすると、
「私の帰宅先があなたであれば、素敵だろう」
という私の和訳になります。

 ちなみに、タイトルもやや曖昧で、
You'd Be So Nice to Come to
You'd Be So Nice to Come Home to
You'd Be So Nice to Come to Home to
という3種類の記述が検索すると見つかります。

歌詞の一例
You'd Be So Nice To Come Home To 

Verse:
It's not that you're fairer
Than a lot of girls just as pleasin'
That I doff my hat As a worshipper at your shrine
It's not that you're rarer
Than asparagus out of season
No, my darling, this is the reason
Why you've got to be mine

Chorus:
You'd be so nice to come to
You'd be so nice by the fire
While the breeze on high, sang a lullaby
You'd be all that I could desire
Under stars chilled by the winter
Under an August moon burning above
You'd be so nice You'd be paradise,
to come home to and love
http://navi.honnet.co.jp/~yasuda/cosmos/vocal/03.htm

少し違う歌詞。
You'd Be So Nice to Come Home To

Written by: Cole Porter (C. Albert P.)
From the Film: Something To Shout About 1943 (M)

You'd be so nice to come home to
You'd be so nice by the fire
While the breeze on high sang a lullaby
You'd be all that I could desire

Under stars chilled by the winter
Under an August moon burnin' above
You'd be so nice, you'd be paradise
To come home to and love

You'd be so nice to come home to
You'd be awful nice by the fire
While the breeze up on high sang a lullaby
You'd be all that I could desire

Under stars chilled by the winter
Under an August moon burnin' up there above
You'd be so nice, just like paradise
To come home to and love
http://www.rosemaryclooney.com/LyricPages/youdbesonicetocomehometo.html

丁寧に解説をしているページがありました。
http://www.cel-eigo.com/column/lyrics/lyrics6.html

音声ファイルもまとめてありました。
ella fitzgerald
Frank Sinatra
Helen Merrill
Julie London
Nancy Wilson



posted by kewpie at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5629332
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。