2012年08月15日

姓と名の間のスペース

 故あって今年は久しぶりに暑中見舞いを、いや残暑見舞いを出すことにしました。

summer_greetingcard.jpg


 宛名はいつもの通り、筆まめで手抜き・・・というよりも悪筆で先方のお名前を書くのは失礼なので、筆まめを利用することにしたのですが、ちょっと手間がかかってしまいました。

 もう20年も宛名書きに使っている筆まめですが、「使いやすい」というソフトではありません。その一つが、姓と名の間のスペースが入れられない、という欠点があるのです。

 私は、日本人の名前を書くのに基本的には姓・名の間にはスペースを入れる必要がないと思っているのですが、2文字の姓+2文字の名という場合には読みにくくないのですが、1文字の姓または1文字の名という場合には、読みにくいので、姓・名の間にスペースを置くことにしています。(同じ理由で、3文字の姓+1文字の名、1文字の姓+3文字の名の場合もスペースを置きます。)

 それに従い、筆まめのデータを入力する際に、あえて姓と名の間にスペースを入れても、それは連名の際に、姓・名の区切りの位置を示すマーカーとなるだけで「文字」とは認識してくれないのです。

fudemame1.gif

 これでは「澤 穂希」さんか、「澤穂 希」さんか、よく分かりません。

そこで、スペース以外の文字で、利用するフォントで描けない文字コードを指定すれば、印刷時には「スペース」になるわけです。
 そこで前回(年賀状の時)、適当に「表示されないだろう」という文字を入れて、うまく行ったのですが、今回のフォントでは見えてしまうのです。

fudemame2.gif


 「見えない」文字を探して置きかえればいいだけのことですが、一括置換の機能もありませんので、次回も同じ作業をするのはちょっと面倒です。

 「今年は新しいバージョンにしようか」と更新を考える筆まめですが、使いにくいソフトなので投資をする気になれません。最新バージョンでは、姓・名の間のスペースは簡単に入れられるようになっているのでしょうか。

 ところで、寒中見舞いはいつも、インターネット上から見つけてきたペンギンの写真を使っていますが、今回の図柄はたまたま本棚から出てきた、私が中学生の時に作った多色刷りの版画です。多色刷りなので仕上げるまでに失敗が多く、何枚も刷った内の1枚ということです。綺麗に刷れたのは画用紙に貼って(色を変えて、4種類作りました)どこかにあるのですが、これはあまり出来の良くないものです。


-----
追記
 ご親切なコメントをいただき、確かめました。
「姓と名の間のスペース」が解決



posted by kewpie at 13:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 言語・文字
この記事へのコメント
「宛名」画面の「レイアウトの設定」で切り替えできるのでは…
Posted by mituru at 2013年12月08日 01:01
仰る通りでした。
10年以上も、出来ないものと思い込み、苦労をしてきました。
ありがとうございます。

Posted by kewpie at 2013年12月08日 01:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57596950
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。