2007年10月14日

アスキーコード

 複数曲目の自動演奏リストを作るのに、URLの中に「?」や「=」があるとうまく出来ないが、アスキーコードで指定するとできるようになりました。

使うのは、
%26 = &
%3D = =
%3F = ?
の3つもあれば間に合うと思いますが、自分のメモのためにここに一覧表を残しておきます。
(↓どうしてこんなに隙間が空くのだろう?)


































































































































16進法文字説明
&00NUL
%01SOHヘディング開始
&02STXテキスト開始
%03ETXテキスト終了
&04EOT伝送終了
%05ENQ問い合わせ
&06ACK肯定応答
%07BELベル
&08BSバックスペース
%09HT水平タブ
&0ALF改行
%0BVT垂直タブ
&0CFF改ページ
%0DCR行頭復帰
&0ESOシフトアウト
%0FSIシフトイン
&10DLE伝送制御拡張
%11DC1デバイス制御1:XONとして使用されることが多い
&12デバイス2
%13DC3デバイス制御3:XOFFとして使用されることが多い
&14DC4デバイス制御4
%15NAK否定応答
&16SYN同期信号
%17ETBブロック転送終了
&18CANキャンセル
%19EMメディアの終端
&1ASUB置換
%1BESCエスケープ
&1CFSファイルセパレータ
%1DGSグループセパレータ
&1ERSレコードセパレータ
%1FUSユニットセパレータ
&20SPCスペース
%21!
&22"
%23#
&24$
%25%
&26&
%27'
&28(
%29)
&2A*
%2B+
&2C,
%2D-
&2E.
%2F/
&300
%311
&322
%333
&344
%355
&366
%377
&388
%399
&3A:
%3B;
&3C<
%3D=
&3E>
%3F?
&40@
%41A
&42B
%43C
&44D
%45E
&46F
%47G
&48H
%49I
&4AJ
%4BK
&4CL
%4DM
&4EN
%4FO
&50P
%51Q
&52R
%53S
&54T
%55U
&56V
%57W
&58X
%59Y
&5AZ
%5B[
&5C\
%5D]
&5E^
%5F_
&60`
%61a
&62b
%63c
&64d
%65e
&66f
%67g
&68h
%69i
&6Aj
%6Bk
&6Cl
%6Dm
&6En
%6Fo
&70p
%71q
&72r
%73s
&74t
%75u
&76v
%77w
&78x
%79y
&7Az
%7B{
&7C|
%7D}
&7E~
%7FDEL削除
posted by kewpie at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ファイル作成
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5883443
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。