2013年06月14日

6月14日は世界献血者デー

 今日6月14日は、世界献血者デーです。

blood_poster_02.jpg


 え、「6月14日(月)」?…今日は金曜日だが…と思ったら、このポスター画像が掲載されている
http://www.jrc.or.jp/blood/news/l4/Vcms4_00001140.html
には、10/05/26の日付けがありました。

 香川の献血ルームのポスターです。

blood_poster_01.jpg


★世界献血者デー★
6月14日(金)
「どきどき抽選会」
献血ルームにて献血にご協力いただいた方にオリジナルグッズをプレゼント!

という説明がありますが、私の献血解禁日は…。

blood20130601_01.jpg


 明日です。(笑)

 でも、土日の献血のサイクルがずっと続いているので、今回は月曜日まで待って平日の献血のサイクルにしたいと思っています。
 6/17(月)→7/1(月)→7/15(月・祝)→7/29(月)…と順調にいけばいいのですが…。

 いやいや、8月4日(日)の札幌での献血を予定しているので、頻度に注意をしなければなりません。それに、7月29日(月)に献血をすると8月4日には出来なくなってしまうので注意が必要です。


http://www.jrc.or.jp/blood/news/l4/Vcms4_00001140.html
の説明です。

6月14日は「世界献血者デー」です。
この記念日は献血者の皆様に感謝するとともに、輸血用血液(赤血球・血漿・血小板)の世界的な
需要が高まる中、献血活動にご協力をいただいているボランティアの方々に敬意を表し、その活
動を広く皆様に認識していただく日となっています。
第一回「世界献血者デー」は、国際献血者デー(1995年)・世界保健デー(2000年)を開催した
経験に基づいて、2004年6月14日に開催されました。2005年には世界保健総会決議(WHA58.
13)において毎年一度のイベントとして承認されました。
また、この決議は、血液の安全にかかわる国際機関や団体に対して、「世界献血者デー」の推進や
支援を協働して行うよう要請しています。
年々「世界献血者デー」のイベントを開催する国の数は増加しており、大多数の国では様々な活
動がされています。政府高官や皇室、また有名人などの支援を得て、メディアを通じたキャンペ
ーンや、地域に根ざした活動と一体となって、見知らぬ誰かの健康のために、命のために、献血い
ただいた方々をこの機会に世界的に称賛します。

☆ 6月14日は、ABO式血液型を発見しノーベル賞を受賞したカール・ラントスタイナーの誕生日という特別な意味があります ☆


posted by kewpie at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 献血
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/69415841
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。