2013年08月14日

しつこいweb広告

 タイトルに「web広告」という表現を使いましたが、どういう表現が正しいのか、適切なのかよく分かりませんが、とにかく、webサイトを見ているときに出てくる広告のことです。

ads.jpg


 もう札幌行きは終わったのに、3つも出るとは…。
 これ以外にも、一回検索をした商品が何度も、長期に渡って出てきます。楽天が多いように思います。

 承知の上でcookieを設定しているのですから仕方ありませんが、中には「買って失敗した」という嫌な思いをした商品も遠慮なく出てきて、ますます嫌悪感を持ちます。商品に対してではなく、広告として見せつける販売者に対してです。

 Gooleまで最近は、過去の(というか、最近の)検索の内容を利用したと思われる広告を表示して、うんざりします。

 web広告とは関係ありませんが、ときどき電話での商品の売り込みがあります。
 「こちら、○○会社ですが、××さんはいらっしゃいいますか。」という電話がかかってきたら、「××は死にましたが、何の用事でしょうか。」と言ってやろうかと思っているのですが、かかってきてそれが単なる商品の売り込みだと分かれば言えるのですが、判別できないというのが実行に踏み切れない理由の一つです。

 また、家族への電話の場合、商品の売り込みだと分かっても、さすがに「死にました」とは言えない小心者の私なのです。(笑)

 私の上司だった人は、「最近、△△さんを見かけませんね」と言う同僚に対して、「ああ、△△さんは死んだよ」という冗談(!)を言ったとのことで、同僚氏は「驚いた」「騙された」と怒っていました。

 その上司も他の人にはもちろんそんなことは決して言わないわけで、この同僚氏だからこそ言えたというそういう人物なのです。
 その同僚氏がその後もこれを話題にしては怒る顔を見ると、申し訳ないのですが笑ってしまいます。

 笑ってしまうきつい冗談もあれば、小さくてもうんざりするweb広告もあるということです。

posted by kewpie at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72409892
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。