2013年08月29日

航空機撮影の疑問が解けた

 タイトルは大袈裟ですが、私にとっては長い間の疑問がようやく解けました。
 少し前にも書きましたが、飛行中の航空機の姿…いや、航空機の飛行中の姿か…は美しいものです。

ana01.jpg


 美しいと感じる他に、どうやって撮影しているのかが長い間の私の疑問でした。



 1キロ(もっと遠くでも?)の接近でも「ニアミス」と言われる位なので、そんなに接近できないのではないかと、旅客機好きの友人に尋ねると、「遠くから撮影している」という回答でした。
 でも、澄んだ空で望遠レンズを使うとは言え、離れれば鮮明で、安定した映像を撮るのは困難です。

 こんなシーンから、
ana02.jpg

すぐに前に回り込んで
ana03.jpg

こんな角度からの映像に短時間で撮影角度を変えるのは、キロ単位での距離からの撮影では困難です。

 今日見た、「B777」というビデオでその撮影方法が分かりました。
 予想通りでしたが、やはり小型ジェット機を使います。

ana04.jpg


 自分自身の機体の陰がB777の機体にはっきりと見えます。
ana05.jpg


 かなり接近している様子です。
ana06.jpg


 意図的に、計画的に、同じ方向へ飛行するので、ニア「ミス」ではなく、お互い安全に飛べるのでしょう。確かに、戦闘機などは雁行飛行なんていうのをするくらいですから、(多分)それほど機敏な動きの出来ない大型旅客機に対して、小型のジェット機が上下左右前後へと相対的に位置を変えることは可能なのでしょうね。

 アストロビジョンと呼ばれる撮影装置を使っています。
ana07.jpg

 この写真でも機体の上にちょっとだけ黒い出っ張りが見えます。これでしょうか。

ana08.jpg

 これは下向きですので、機体の上と下に付いていて、監視カメラのように自由に角度を変えて撮影をするのだと思います。

 「アストロビジョン」で検索しても、撮影ではなく映写する方の「アストロビジョン」ばかりが見つかってしまいます。

----
追記
 http://www.claylacy.com/ にあるのが、お目当ての「アストロビジョン astrovision のようです。


 こんな映像も公開しています。
 「こんなに接近して撮影できる」ということを強調してか、あるいは「機体のCM」のためか、大写しで昼光で単調です。音楽もミスターロンリーというわけには行きませんが、何かしゃれたBGMを流せばいいのにと思ってしまいます。

 ありました。BGMに合わせて飛行している…

ように、見事に編集されています。
 
 でも、ウィンナ・ワルツに合わせて、最後の方では軍用機が飛んでいるのは、嫌な印象です。

 しっくりこないBGM。


 撮影機自身が写り込んでいるシーンです。こんな近いところから、787の飛行する姿を肉眼で見られたら
素晴らしいですね。
ana_boeing787.jpg


posted by kewpie at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 航空機
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/73622433
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。