2013年09月01日

東京シャトルの利用者が50万人に

 東京シャトルの利用者が50万人を超えたそうです。
 例えば、次のように報道されています。

引用ここから---------------

shuttle_50mil.jpg

格安バス「東京シャトル」が開業から約1年2カ月で乗客50万人を達成し、50万人目の氏家さん夫妻に記念品が贈られた=成田空港で

東京シャトル:格安高速バス、1年2カ月で50万人 あすから15便増の80便に /千葉
2013年08月31日
毎日新聞 2013年08月31日 地方版

 成田空港と東京駅を片道900円(大人・小児とも)で結ぶ格安高速バス「東京シャトル」が29日、開業から約1年2カ月の乗客合計が50万人に達した。人気の高まりに合わせ、9月1日から1日当たり15便増やして計80便にする。

 「東京シャトル」は昨年7月3日、格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパンが成田に就航した同じ日に運行を始めた。現在は、京成バス(東京都墨田区)など京成グループ4社が共同運行している。

 当初は1日30便だったが、リムジンバス(東京空港交通)の同路線の3分の1以下の価格設定(大人)で、LCC客以外の成田空港利用者にも定着。9月1日からは、東京駅発を1日20便から31便に、成田空港発を同45便から49便に増やす。

 50万人目の乗客となった東京都板橋区の会社員、氏家建一さん(38)と同、真貴子さん(41)夫妻に記念品が贈られた。スリランカ旅行帰りに乗車した2人は「電車に比べても安いので、また利用したい」と喜んでいた。【早川健人】


引用ここまで---------------

 東京シャトルの予約では苦労をしたのですが、その理由は「Jetstarが席を確保している」のが根本にあるようです。
http://blog.hotel.jp/tag/東京シャトル

引用ここから---------------
予想なのですが、ジェットスターが大量に予約席を持っていて、京成バス、楽天はあまり持っていないのではないかと思っています
※あくまで予想ですよ!

引用ここまで---------------

 まあ、東京シャトル自体が、LCCのための便みたいなものですから、仕方ないのかも知れません。
 特に、成田→東京の便は、Jetstarの最終便利用者にとってはぜひとも利用したい便ですから。

 Jetstarで札幌へ(1)では、予約していない人が列を作っていたことを書きましたが、この人たちも、出発3日前になったら京成バスに電話で問い合わせれば予約を出来たのかも知れません。
 多分乗り切れなかった人は、2:30の便に乗るのでしょう。そちらが満席だったらどうするのでしょう。

 ところで、7月末に放送された
「クローズアップ現代」の
“格安”
は日本の空を変えるか
の回は、今でも見る人が多いようで、このアーカイブサイトの3位になっています。
 関心が高いのですね。

posted by kewpie at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/73808495
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。