2013年12月14日

「2カ国語+字幕」放送のDVD編集

 私はテレビの録画をLC32-R5というテレビ(SHARP)で行い、そこからBD(DVDは録画出来ない)にコピーをし、パソコンで編集をしています。
 今回の編集では困ったことになりました。
 「2カ国語」の録音だったのですが、いつも編集に使っているTMPGEnc Authoring Works 5では、「2カ国語」として認識してくれず、日本語とフランス語の混合となるモノラルと認識してしまうのです。

edit_bilingual01.jpg

 「2カ国語」の読み込み指定(実は今回初めて見つけました)の欄もグレーアウトになっていて、指定出来ません。

 あれこれやっている内に、面白いことに気づきました。
 PowerDVD10で再生してみると、確かに音声数は「1」と認識されます。

edit_bilingual02.jpg

 ところが、今まで見た覚えのない「カラオケ」の項目が有効になっていたので、開いてみました。

 カラオケの「左」「右」「左+右」というのがどういう意味なのか知りませんが、とにかく音声信号を2種類に分けて認識し、一方または両方を合わせて出力できそうな気がしてきました。
 そこでPCで再生しよく聞いてみると、左から翻訳された日本語、右からオリジナルのフランス語のナレーションが聞こえてきました。
 2種類の音声を分けて、DVDの編集で入れられる可能性が出てきました。
 では、どうやって?
 手持ちのソフトを片っ端から試すといっても、BDの音声を読み取ってくれるソフトは思いつきません。

 そこで、原始的な方法を採ることにしました。PowerDVDで再生し、それをリアルタイムで録音するという方法です。出来るだけノイズの入らないように気をつけながらやってみました。録音完了後再生してみると…なぜか、40分経過したところで録音が無音声になっていました。3度やってみましたが同じです。録音せずに再生してみたところ、40分のところで、映像が停止し、音声も途絶えました。
 原因は分かりませんが、HDDへの映像(音声を含む)のコピーは出来ることが分かっているので、違うやり方を考えました。新しいPowerDVDでは、BDをHDDにコピーしたものでも、「BDとして」再生出来るのですが私のものでは出来ません。

 ひょっとして…と思い、試して見たのが、TMPGEnc Mastering Works 5です。

edit_bilingual04.jpg

 何とMastering Worksには、「音声ソースの詳細情報」というものがあり、「チャンネルモード判別の変更」という項目がありました。2つのチャンネルに入っている別々の音声を、Authoring Worksの方では、ミックスして「モノラル」と認識してしまったようですが、Mastering Worksは謙虚に(?)、「違っていたら直してね」という姿勢です。
 「ステレオ」として読み込ませると、見事に2種類の言語が左右に分離されて再生されます。

 ここまでくればあとはオーサリングに進んでもいいのですが、実はこの放送は字幕のデータもありました。

edit_bilingual05.jpg

 この字幕データは、Mastering Works・Authoring Worksのいずれも読み込んでくれるのですが、Authoring Worksで読み込んでしまうと、映像に焼き付けるしかありません。分離できないので、オーサリングの時になって「字幕」として、利用できいません。

 音声を分離するにはMastering Worksを使いたいですし、字幕データを利用するには、直接Authoring Worksで読み込まなければなりません…ということで、対応を考えました。
 Mastering Worksで音声を分離し、2種類のwaveファイルとして保存します。
 そして、BDのデータは、Authoring Worksで読み込み、字幕データも読み込み、音声(日仏ミックス)は破棄し、事前に抽出をした2つのwaveファイルを代わりに読み込ませる、という方法を採りました。

 結果的には、うまく行きました。「2カ国語で、字幕ありの放送」から、同じフォーマットのDVDにしたわけです。

edit_bilingual06.jpg

 ちょっとだけ違うのは、デジタル放送では字幕の背景が半透明の暗い帯になっていますが、DVDはそれができないので、真っ黒です。BDとしてオーサリングをすれば、ここも半透明になり、放送そっくりになりますが、そこまでやる必要性は感じていません。


posted by kewpie at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ファイル作成
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/82583913
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。