2014年05月30日

iPhone〜ちょっと特殊なカメラ?

 職場で放置された単三乾電池2本があり、捨てるべきか、使えるなら使おうかと迷いました。自宅ならば簡易的なチェッカーがありますが、職場にはありません。
 そこで適当なリモコン(SONYのポータブルDVDプレーヤ)に入れ、赤外線の発光状況を見ることにしました。まず、間違いなく使える電池を入れてiPhone4Sで撮影すると…。

iphone_ir.jpg
(iPhone4Sで撮影した写真)


 写りません。何度試しても、角度を変えたりしても。



 そこで、D5100を使って撮影してみました。一眼レフを片手でもって、もう片方の手でリモコンのボタンを押すというのはちょっと大変で、ピントが合っていませんが、でも光っているのは分かります。

d5100_ir.jpg
(Nikon D5100で撮影した写真)


 カメラを通して赤っぽく光るのは初めて見ました。今まで見てきたのは白です。これも初めての体験です。
 もちろん肉眼では光っている様子は分かりません。

 ちょっとした発見かと思い検索をしてみると、これは結構知られたことのようでした。残念。

 さらに、実はiPhoneに内蔵されている2つのカメラの内、私のように背面のカメラで写そうとすると赤外線を捕らえられないのだが、正面のカメラだと見えるとのことだったので、試してみるとたしかに白い光として写ります。
 このような「特殊なカメラ」にしたのは、どういう設計の意図なんでしょう。



posted by kewpie at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | スマホ/タブレット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/98474972
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。