2014年06月10日

LPガス監視システム

 我が家のガスは都市ガスではなく、LPガスです。
 安全のため、数年前に電話回線を使った監視システムにつなげられました。
 先月から、それが無線に切り替えられていました。(予告はありましたが、私は立ち会っていませんでした。)

lp_security01.jpg


 確かに見慣れない、アンテナ付きのグレーの箱があります。

 それはそれでいいのですが、その箱から黒いケーブルが2階の軒下にまで繋がっています。それをたどっていくと、ずっと先は道路の電柱にまで続いています。
 無線になったはずなのに、どういうことなのでしょう。

 しかもこの「箱」からのケーブルは1階の屋根の雨樋を跨ぐように2階の軒下に繋がっていて、雨樋部分の固定(直接接しないように)してあったのですが、この冬の大雪の際に固定金具がはずれていました。

lp_security02.jpg


 ケーブルが直接雨樋に接している上、金具の重みがありますから、風で揺れると短期間の内にケーブルの被服が破れてしまいます。修理を依頼しようと思っていましたが、丁度今回の無線化があるというので、連絡をしなかったのですが、ケーブルレスになるはずが、相変わらずの状態であることが気になりました。

 連絡をしてみると早速業者が来て、ケーブルの撤去をしてくれました。当然といえば当然でしょうが、どうして、無線化の工事の際にケーブルを残してしまったのでしょうか。忘れたのか、手抜きか。

lp_security03.jpg


 機器から上に伸びて屋根を跨ぐケーブルがなくなってすっきりしました。(背景の家がすっきりしませんが…(笑))

 帰り際の業者に「電源はどうしているのですか」と尋ねてみたら、「電池が内蔵されています」との返答でした。電池でどこまで電波を飛ばしているのでしょう。

lp_security04.jpg
(この写真はケーブル撤去前のものです。)


 「あんしんキャッチ"24"」という名称が見えます。
 調べてみると、JAがdocomoのFOMA回線を使っているシステムだと分かりました。


posted by kewpie at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/99498104
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。